ソニー、4K対応の「SRMASTERフォーマット」に新たに6社が参加

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月10日
ソニーは今年2月、4K撮影が可能な”CineAlta”カメラ「F65」の記録フォーマットである「SRMASTERフォーマット(F65 RAWファイル及び2K/HD MPEG4 SStP(Simple Studio Profile)」をオープンプラットフォームにすると発表(関連ニュース)するなど、映像制作機器メーカー各社へ技術仕様公開や開発支援などを行ってきた。

このたび、オン・セット・デイリーズ(撮影現場での映像確認機器やシステム)や、ノンリニア編集、カラーグレーディング、インジェスト(映像のポストプロダクションシステムへの取り込み)、コンポジット(編集工程での色調整やVFXとの合成)まで、新たに6社のメーカーがソニーのSRMASTERフォーマットに対応したとのこと。

新規に対応したのは、AJA、Avid、Codex、Drastic Technologies、DVS Digital Video Systems GmbH、Quantel。

ソニーは「ハイエンドコンテンツ制作において、多くの映像制作機器メーカーがソニーのSRMASTERフォーマットをサポートし、高画質4Kコンテンツ制作がスムーズ−に行われる環境が整備された」とコメントしている。

【問い合わせ先】
ソニービジネスソリューション(株)
業務用商品相談窓口
TEL/0120-788-333
TEL/0466-31-2588

関連記事