ソニーPCL、4K映像制作サービスを強化 − 8K CMOS搭載CineAltaカメラ「F65RS」導入

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月17日
ソニーピーシーエル(株)(ソニーPCL)は、4K映像制作サービスを強化するため、ソニー製CineAltaカメラ「F65RS」及びSRMASTERポータブルレコーダー「SR-R4」を2式導入し、サービスを開始した。

F65RS

「F65RS」は8KCMOSイメージセンサー搭載の業務用カメラ。CM・映画・展示映像など、幅広いジャンルに適しており「これまでにソニーPCLが培ってきた技術力と併せ、より高精細な4K映像をお届けすることが可能になった」としている。

なお、同社では208 iQ Pablo 3D/4K対応編集室、4K対応SXRDプロジェクターを導入した試写室「CineLaPista」などの環境を整えている。今回強化した4K映像制作環境により、コンテンツ制作を撮影から上映までより強力にサポートしていくという。

【問い合わせ先】
ソニーPCL ビジュアルソリューション部 営業課
TEL/03-3492-9686

関連リンク

関連記事