デジタルシネマ業界トップを目指す

ソニー、大判センサー4Kカメラ投入など業務用映像機器事業を強化

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月01日
ソニー(株)は、「映像制作」「デジタルシネマ」「セキュリティ」分野を中心に、業務用の映像機器事業を強化すると発表。エレクトロニクス事業における中核事業の一つとして、中長期で連結売上高5,000億円を目指すとしている。

同社の4K SXRDプロジェクター「SRX-T110」

映像制作分野では、大判イメージセンサーを搭載した4K解像度のカメラを、2011年度中に市場投入すると説明。また2D-3Dコンバーターなど、業務用の3Dアプリケーションソフトを拡充させるほか、高輝度・高精細な有機ELを採用した中型モニターも商品展開すると説明している。

デジタルシネマ事業では、独自の反射型液晶デバイス「4K“SXRD”」を搭載したプロジェクターの普及が進んでいることをアピール。「2013年までに全世界でデジタルシネマを累計30,000システム投入し、業界シェアトップの40%獲得を目指す」と具体的な目標を掲げている。

防犯カメラなどのセキュリティー分野でも、同社の高感度/低ノイズなCMOSイメージセンサー“Exmor R”を利用した製品や広域モニタリングシステム「XI's(エクサイズ)」など、ラインナップの強化を図っていく。

関連記事