オーディオ監修はカジハラ・ラボ

モノラルレコードを「モノラルレコード再生に特化したシステム」で聴くイベント。9/27に銀座で再び開催

2022/09/21 季刊アナログ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
モノラルレコードを専用システムで聴く試聴会が9月27日に開催される。会場は東京中央区のケネディハウス銀座。参加申し込みは公式サイトから受け付けている。

モノラルレコードを専用システムで聴くイベントが再び開催

5月に同所で開催された『知られざるモノラル・サウンドの世界!』では、ザ・ロネッツ「Be My Baby」をはじめとする貴重な音源が数多く登場し、好評を集めた。

続編となる今回も、前回同様モノラルレコードの魅力を十分に引き出すため、IKEDAやMUTECHのアナログ製品を取り扱うカジハラ・ラボの梶原弘希氏監修による、モノラルレコードの再生に特化したシステムが特別に設置される。

ナビゲーターはふくおかとも彦氏、金田有浩氏、太田秀樹氏の3名。ふくおか氏はいい音研究所を主宰し、古今東西の名曲・名演奏を、いい音で爆音で聴こうという『いい音爆音アワー』を長年開催してきた。

イベント概要
「ZOKKON NIGHT Vol.7 モノラルサウンドにゾッコン!」
開催日 9月27日(火)
開場 18:00
開演 19:00
会場 ケネディハウス銀座
(東京都中央区銀座7-2番先コリドー通りB1F)
料金 3,500円(税込)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック