オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
6月30日までの注文分は現行価格

dCS、7/1より製品値上げ。コロナ禍で製造/輸送コストが高騰

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年06月08日
(株)太陽インターナショナルは、同社が取り扱うdCSブランドについて、7月1日より価格改定を実施すると発表した。

その理由として同社は「コロナ禍における製造および輸送コストの高騰、および安定した生産供給体制の維持」などで価格改定を余儀なくされたと説明している。なお、6月30日の18時までの注文分については現行価格で販売する。

新価格は以下の通り(すべて税込、カッコ内は旧価格)。
・BARTOK DAC 2,343,000円(旧価格 2,222,000円)
・BARTOK DAC+ 2,915,000円(旧価格 2,651,000円)
・ROSSINI PLAYER 4,070,000円(旧価格 4,037,000円)
・ROSSINI TRANSPORT 3,256,000円(旧価格 2,981,000円)
・ROSSINI DAC 3,630,000円(旧価格 3,498,000円)
・ROSSINI CLOCK 1,430,000円(旧価格 1,210,000円)
・VIVALDI TRANSPORT 5,962,000円(旧価格 5,929,000円)
・VIVALDI DAC 4,928,000円(旧価格 4,807,000円)
・VIVALDI CLOCK 2,519,000円(旧価格 2,387,000円)
・VIVALDI UPSAMPLER 3,487,000円(旧価格 3,146,000円)
・リモートコントロール 165,000円(旧価格 154,000円)

関連記事