オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため

オーディオと部屋づくりに関するイベント「Acoustic Audio Forum」、3月開催分の延期が決定

編集部:小野佳希
2020年03月25日
防音工事会社のアコースティックラボは、毎月定期的に行っているオーディオと部屋づくりに関するイベント「Acoustic Audio Forum」の3月分の開催を見送ると発表した。

イベント会場のアコースティックラボ防音ショールーム「蔵前ヴィレッジ」

新型コロナウイルス感染拡大防止のための措置。2月開催分を3月27日・28日に順延としていたが、その開催をさらに順延する。同社では下記コメントを発表している。

■アコースティックラボ コメント

オーディオフォーラムに参加された皆様方へ

皆様ご承知のように新型コロナウィルス感染拡大がいまだに収束する方向にないため、3月27、28日に順延されたVol.70のオーディオフォーラムは今回も順延することになりました。

感染のリスクが高い3つの条件は密閉空間・密集空間・換気の悪い空間であるそうです。当会場は換気を除けばその典型空間ですので、順延のお話は残念ではありますが、ご理解いただけるものと思っております。


この機会に換気についてお話します。当モデルルームに限らず、防音空間は高気密空間でもありますから換気機能(給気および排気経路が必要で同時に防音性能も担保する)がなければなりません。

会場である当モデルルームの換気量は換気扇による発生騒音をレコーディングスタジオ並みのNC-20以下に抑えながら1時間あたり最大250〜300m2/程の換気量を確保しております。

容積が95m2の当モデルルームの空気が1時間あたり3回ぐらい入れ替わる計算になります。居室の建築基準法上の換気も満足しております。

オーディオフォーラムに参加された方は換気騒音やエアコン騒音がほとんど感じられない会場で試聴されていたということになります(自慢話なってしまったようです、ご勘弁)。


不要不急の外出はなるべく避けるということですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。この際家でじっくりと『オーディオ三昧の生活』『音楽の素晴らしさにどっぷり浸る生活』を満喫しよう…。と考えればそれはそれで良いことだと考えられます。思わぬオーディオの楽しさ、発見があるというものです。

それはそうと予定していたオーディオフォーラムのテーマは『家人に気兼ねしなければならない深夜オーディオの悩ましさに困っている方の防音対策』でした。ついつい調子に乗って深夜までオーディオ音楽三昧…家人とトラブル…気を付けましょう。

早い時期に皆様方と当モデルルームで再会できることを楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

2020.3.23 蔵前ビレッジ村長 鈴木泰之

関連リンク

関連記事