オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本メーカー製品でiPurifier DCが使える

トップウイング、電源アクセサリー「iPurifier DC」を日本規格に対応させる変換ケーブル「Red Barrel」

編集部:成藤正宣
2018年02月21日
トップウイングサイバーサウンドグループは、iFi audioの電源ノイズ低減アクセサリー「iPurifier DC」を日本独自のコネクター規格「EIAJ#4(JEITA RC-5320A TYPE4)」に対応させる変換ケーブル「Red Barrel Cable」を2月27日より発売する。価格は2本1組で6,400円(税抜)、iPurifier DC本体とのバンドルが20,000円(税抜)。

Red Barrel Cable

iPurifier DCはスイッチング電源に含まれるノイズを独自技術「Active Noise Cancellation」によって低減するオーディオアクセサリー(関連ニュース)。本体のコネクターは内径2.1mm、外形5.5mmで、日本製品で採用されている内径3.3mm、外径5.5mmのEIAJ#4には適合せず、そうした製品に使用する際は変換ケーブルを介して接続する必要があった。

EIAJ#4は日本で定められた規格で、iPurifier DCのコネクターとは径が異なる

Red Barrel Cableは、iPurifier DCの特性を損なうことなくEIAJ#4に対応させるため、iFi audioの正規代理店を務める同社が製作したオーディオクオリティの変換ケーブル。オーディオグレードの線材、プラグ、ジャック、はんだを採用し、すべて手作りで製造。日本メーカー製の無線ルーター、モデム、イーサネットハブ、NAS、ノートPCなどEIAJ4規格を採用する機器にiPurifier DCを接続できる。

日本メーカー製オーディオ製品にiPurifier DCが接続可能になる

関連記事