オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新自動音場補正「Space Tune」も

テクニクス、オールインワン小型オーディオ “OTTAVA f”「SC-C70」

編集部:風間雄介
2017年09月20日
パナソニックは、Technics(テクニクス)ブランドの新製品として、オールインワンコンパクトオーディオシステム “OTTAVA f”「SC-C70」を10月20日に発売する。価格は100,000円(税抜)。

Technics“OTTAVA f”「SC-C70」

テクニクスではこれまで、OTTAVA(オッターヴァ)という愛称のオーディオシステム「SC-C500」を展開してきた。OTTAVAとはイタリア語で「Octave」を表し、豊かな音を遠くまで届かせられるオクターブ奏法から名前を付けた。

今回の「OTTAVA f」は「オッターヴァ フォルテ」と読む。フォルテはイタリア語の演奏記号で、強く、強い音の意。OTTAVAのデザインアイコンや遠くまで広がる音を継承しつつ、力強いサウンドで音楽を豊かに再生する意図を名前に込めた。

CDからハイレゾ、BT、Wi-Fiまで様々な音源に1台で対応

“OTTAVA f”「SC-C70」は、CDプレーヤー、USB A端子、光デジタル入力、アナログ入力(3.5mmステレオミニ)、FM/AMチューナーなどを搭載。Bluetoothによる再生にも対応している。

背面端子部

多彩な音源や入出力に対応

またWi-Fiも内蔵し、PC/NAS内の音源を再生できるほか、AirPlayでiOSデバイスやMacの音源をワイヤレス再生したり、インターネットを介してSpotifyを直接再生したりすることも可能だ。前面にはヘッドホン出力(3.5mm)も備え、イヤホン/ヘッドホンで音楽を聴くこともできる。

なおリモコンには番号ボタンが用意され、Spotifyのプレイリストや好みのインターネットラジオ、FMラジオ局などをプリセットしておくと、一押しで好みのサービスを聞くことができる。本体には番号ボタンはないが、「FAV」「SELECT」ボタンを使うことでプリセットしたコンテンツを再生可能だ。

本機のリモコン

再生可能なハイレゾファイルはFLAC/ALACなどのPCM系が192kHz/24bitまで、DSDは5.6MHzまで。

筐体前面には8cmウーファー×2、2cmシルクドームトゥイーター×2を搭載。また12cmのサブウーファーを底面に備えている。なおサブウーファーは独立駆動のバイアンプ構成となっている。またデュアルロングポートも備え、40Hz〜50kHzの広帯域再生を実現した。

筐体前面には8cmウーファー×2、2cmシルクドームトゥイーター×2を搭載

12cmのサブウーファーを底面に備えている

なお、トゥイーターの前面には逆ドーム形状フィンのアコースティック・レンズを備え、高域の指向性を確保している。

またSC-C70には、これまでテクニクスが培った高音質技術を継承。歪み、ノイズ、ジッターを抑えたフルデジタルアンプ「JENO Engine」を搭載しているほか、アンプの特性を最適化する負荷適合アルゴリズム「LAPC」も、トゥイーター+ウーファー用とサブウーファー用の2系統を備えている。

JENO EngineやLAPCといった、テクニクスでおなじみの技術も搭載

独自の音場補正機能「Space Tune」

独自の音場補正機能「Space Tune」も、Technicsの専用アプリから利用できる。iPhoneやiPadのマイクを利用するもので、対応するのはiOS版アプリのみ。まずは動画で設定の手順を確認して欲しい。



設置環境に応じた3つのモードを選択し、iPhoneやiPadのマイクを向けるとテストトーンを発信。これをマイクで読み取ってアプリ側でDSPパラメーターを解析し、それを本体側に転送するという仕組みだ。

「Space Tune」の概要

テクニクスアプリのメニュー画面

計測するのは周波数特性のみで、凸凹があった場合、これをDSPでなるべく平坦に近づける。

アプリでマイクのノイズレベルを計測する際、テクニクス製品のアイコンになっている針式のアナログメーター風表示になるなど、デザインやUIも洗練されている。

ノイズレベルの測定時にはアナログの針式メーターが動く

測定中のアニメーションも見ていて楽しい

なおAndroidは機種数が多く、マイク特性をあらかじめ調べることが困難なため、このSpaceTuneは、当面はiOSのみの展開となるという。

青色が計測した周波数特性、赤色がDSPで補正する周波数特性

シンプルさと機能美を演出したデザイン

デザイン面は、“OTTAVA”「SC-C500」のテイストを継承し、円形のCDドライブカバーを採用。CDが回っているところを見て楽しむことができる。天板はアルミフィニッシュとしてシンプルさと機能美を演出。また前面はルーバーデザインとして新味を出した。外形寸法は450W×143H×280Dmm。

CDドライブにはライトが仕込まれている

デザインの特徴

「買ったら1〜2万円」のオーディオボードを全員プレゼント

本機の発売に際して、オリジナルオーディオボードを購入者全員にプレゼントするキャンペーンが実施される。

10月20日から2018年1月19日のあいだ、SC-C70を購入し、CLUB Panaconicに愛用者登録し、キャンペーンに応募すると、テクニクスとオーディオボードメーカーが共同開発した5層構造のボードを全員にプレゼントする。応募期間は10月20日から2018年1月31日 17時まで。

プレゼントキャンペーンの概要

ボードの構造。5層構造になっている

オーディオボードはホワイトで、リビングにもなじむ色合い。「ふつうに買ったら1〜2万円のもの」(パナソニック関係者)とのことなので、期間中に購入したらぜひ応募しよう。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルネットオーディオプレーヤー
  • ブランドTECHNICS
  • 型番OTTAVA f
  • 発売日2017年10月20日
  • 価格100000
【SPEC】●定格出力:フロントスピーカー(L/R) 30W+30W(1kHz、T.H.D. 1.0%、6Ω、20kHz LPF、JEITA)、サブウーハー 40W(70Hz、T.H.D.1.0%、4Ω、20kHz LPF、JEITA) ●バージョン:Bluetooth Ver.2.1+EDR ●送信出力:Class 2(2.5mW) ●対応プロファイル:A2DP(SCMS-T対応)、AVRCP ●対応コーデック:AAC、SBC ●ヘッドホン:ステレオ(Φ3.5mm) ●USB:タイプA コネクタ ●対応USBメモリ容量:最大2TB ●イーサネットインターフェース:LAN(100 BASE-TX、10 BASE-T) ●AUX 入力:ステレオ(Φ3.5mm) ●デジタル入力:光デジタル入力(光角型端子) ●サポートフォーマット:LPCM ●電源:AC100V、50/60Hz ●消費電力:45W ●外形寸法:450W×143H×280Dmm ●質量:約7.8kg

関連記事