オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
5部構成のマラソン・コンサートも。非DSDのライブ映像配信も実施

IIJ、「東京・春・音楽祭」の一部をDSDライブ配信。ベルリン・フィルメンバーの室内楽など

編集部:小野佳希
2016年03月24日
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、上野で開催されている「東京・春・音楽祭2016」において、4月3日(日)に行われる「東京春祭マラソン・コンサートvol.6 Variations(変奏)−変容する音楽」、および4月9日(土)に行われる「ベルフィン・フィルのメンバーによる室内楽」の公演を、DSDでライブ配信する。また、DSD音声ではないが映像付きでのライブ配信も行う。


東京・春・音楽祭2016は3月16日〜4月17日の期間で上野にて開催されている音楽祭。オペラ、オーケストラ、バレエ、室内楽からジャズまで幅広いジャンルで、国内外の一流アーティストが集まり、様々なコンサートやイベントが催される。

今回、IIJは同音楽祭のうち4月3日(日)に行われるマラソン・コンサートと、4月9日に行われるベルフィン・フィルのメンバーによる室内楽をライブ配信。DSD音源のライブストリーミングサービス「PrimeSeat」でDSD 5.6Mhz/2.8Mzでの配信するほか、非DSDだが映像も含めたライブ配信を特設サイト(http://harusailive.jp/ ※3月29日公開予定)で行う。


マラソン・コンサートは4月3日の11時から始まり、19時開始の第5部まで各回約60分の5部構成。各公演後に、演奏者のインタビューやピアノ演奏など、さまざまな映像を配信する。ライブ配信の終了時刻は、20時30分頃の予定。

ベルリン・フィルのメンバーによる室内楽は4月9日の19時から開始。こちらはPrimeSeatでのDSDライブ配信のみで、映像配信は行われない。

DSD配信は上記の通り「PrimeSeat」で受信可能。ライブ映像配信はWindows、Mac OS等のFlash Player搭載端末、およびiOS、Android端末、Wii Uで視聴できる。


<東京春祭マラソン・コンサート vol.6 Variations(変奏) ― 変容する音楽>

配信時間/曲目
11:00〜第1部 《聖なる存在》の変容
  J.S.バッハ:キリストの昇天によってのみ
  レーガー:J.S.バッハのテーマによる変奏曲とフーガ ほか
13:00〜第2部 《オペラ》の変容
  ヘンデル:私を泣かせてください
  リスト:リゴレット・パラフレーズ ほか
15:00〜第3部 《英雄》の変容
  ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 op.55《英雄》より 第4楽章
  クレメンティ:ピアノ・ソナタ ト短調 ほか
17:00〜第4部 《サロン》の変容
  ハイドン:交響曲 第94番 ト長調 《驚愕》より 第2楽章
  バダジェフスカ:乙女の祈り 変ホ長調 ほか
19:00〜第5部 《変奏曲》の変容
  ワーグナー:ハルモニウムとピアノのための二重奏曲「聖杯城への行進」
  ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 op.98 より 第4楽章 ほか


<ベルリン・フィルのメンバーによる室内楽>

〜ノア・ベンディックス=バルグリー(第1コンサートマスター)、
オラフ・マニンガー(ソロ・チェロ 奏者)&オハッド・ベン=アリ(ピアノ)

曲目
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.49
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50 《偉大な芸術家の思い出に》

関連記事