オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
'16年下半期に製品化

オンキヨー、和楽器の「桐素材」と「彫り」を応用したスピーカーとヘッドホンを開発

編集部:小澤貴信
2016年02月05日
オンキヨーは、和楽器の音響技術を応用したスピーカーシステムとヘッドホンの開発に成功したと発表した。

「桐」素材と「彫り」構造を応用して独自開発したスピーカーシステムとヘッドホン

このスピーカーシステムとヘッドホンは、和楽器の心地よい響きに着目して開発された。箏や琵琶などの和楽器に使用される「桐」素材に加え、和楽器において音の響きを良くするため楽器本体の内部に施される「彫り」構造を採用。これら技術をスピーカーボックスやヘッドホンのイヤーカップに応用したという。振動板には、昨年11月に発表したセルロースナノファイバー(関連ニュース)を用いている。

オンキヨーは2016年に創業70周年を迎えるにあたって、振動板の開発からスピーカー完成品までを自社で開発している強みを活かして、「和」の文化、価値観、美意識を認識し、和を追求したスピーカーシステムとヘッドホンを開発したいと考えたという。

スピーカーシステムについては、スピーカーボックスの素材に「桐」を採用。桐は木材の中でも軽量で、音響変換効率に優れているため、心地よい響きを実現できるという。このボックスの側板には、祭り用の和太鼓などに採用されている「網状鱗彫り」加工を施している。これにより特に低音の響きが豊かになり、自然で心地良い響きを実現できるとする。さらにボックス内部の反射をコントロールするため、吸音材には中高域吸音特性に優れたシルク(真綿)を採用した。

スピーカーボックスの内部。側板に「網状鱗彫り」加工を施している

ウーファーユニットには、木材を原料とする繊維素材をナノレベルまで細かくして、鉄の5分の1の質量でありながら、鉄の5倍の強度を実現する最先端のバイオマス素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を採用。さらに、桐製スピーカーボックスの響きを活かすため、和紙の原料となる楮(こうぞ)も加え、音質の調整を行っている。

ウーファーユニットにはCNF振動板を採用

ヘッドホンについては、イヤーカップにやはり桐を採用。イヤーカップの内側には、美しい響きを実現するために、筝や三味線などの和楽器に採用されている「綾杉彫り」加工を施している。

内側に「綾杉彫り」を施したイヤーカップ

ドライバーには、世界で初めてという100%CNFの振動板を採用した、50mmドライバーを搭載。これにより音の情報量が増し、抜けの良い高域再生が可能になったという。

100%CNFの振動板を採用した50mmドライバーを搭載

このスピーカーシステムとヘッドホンは、2016年下半期より同社ブランドの製品化をはじめ、OEM生産にも対応していくとのことだ。

関連リンク

関連記事