オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ミニマルアプローチでピュアネスを追求

エソテリック、“03系”プリ/ステレオパワーの最新モデル「C-03Xs」「S-03」

編集部:小澤貴信
2015年08月21日
エソテリックは、プリアンプ「C-03Xs」とステレオパワーアンプ「S-03」を9月10日より発売する。

・「C-03Xs」 ステレオプリアンプ ¥800,000(税抜)
・「S-03」 ステレオパワーアンプ ¥900,000(税抜)

C-03Xs(手前)とS-03(奧)

同社は旗艦モデル「Grandioso」シリーズに続き、プリ/パワー「C-02X」(関連ニュース)「S-02」(関連ニュース)を今年4月に発売したが、今回の「03」系はそれに連なるラインナップとなる。オーディオコンポーネントの原点に立ち返ってミニマルなアプローチでピュアネスを追求したとのこと。また、両機ともにエソテリックの東京工場にて手作業で製造されている。両モデルの詳細は以下に説明していく。

左右独立デュアルモノ設計を採用したステレオプリアンプ「C-03Xs」

C-03Xs

プリアンプ「C-03Xs」は電源部から左右チャンネルを独立させ、チャンネル間の相互干渉を排除するデュアルモノ設計を採用。さらに左右の各チャンネルに専用電源トランスを用いることで、電源ライン経由のノイズ混入も防止する。また左右で独立した2枚の電源整流回路基板を新規に設計し、電源回路パターンもGrandiosoの技術を導入して改善した。

各入力はバランス設計の専用入力バッファーアンプで信号を受け、以降は低インピーダンスのフルバランス信号伝送。コモンモードノイズを除去し、かつ信号経路でノイズの影響を受けにくくしている。

ボリュームコントロールは、純度の高い信号経路にこだわった独自の「ESOTERIC-QVCS」を採用。左右チャンネル、ホット/コールドごとに独立させた合計4回路のラダー抵抗切替型ボリュームを一括連動させることで、チャンネルセパレーションと位相特性に優れたクリアな音質を獲得したとのこと。また音質劣化の防止や低歪化のために、オーディオ基板からボリューム素子への配線を省略して、オーディオ信号経路を大幅に短縮している。

制御系コントロール部はフロントパネルに内蔵するが、プリアンプ部との接続にはフォトカプラーを使用して物理的、電気的なアイソレートを実施。操作時以外では回路を完全停止させ、オーディオ回路に影響を回避している。

電源回路は、左右オーディオ回路、コントロール部それぞれに専用電源トランスから電源供給を行う3トランス構成となる。さらに大容量ブロックコンデンサーを組み合わせ、クリーンかつ低インピーダンス、高応答性を実現している。

出力バッファー回路には、電流出力能力が高く、スルーレートが2000V/μsというハイスピードを誇る素子を用いた「ESOTERIC-HCLD(High Current Line Driver)」を採用。プリアンプに求められる電流伝送能力の高さとスピードを実現する。またXLR、RCAの全4系統を独立したバッファー回路構成とすることで、電流供給能力を高めて瞬発力を確保。バッファー回路の直近には安定化電源として「Grandioso C1」用に開発されたEDLC(スーパーキャパシター)アレイを搭載。チャンネルあたり合計100,000μF(0.1F)の容量を備えている。

ボリュームノブと入力セレクターは、無垢のアルミブロックからの削り出し。各ノブの軸には、「Grandioso C1」や「C-02X」と同様にVRDSドライブメカのベアリング機構を応用。芯ブレのない高精度な回転を可能にしている。

シャーシは、従来の03系プリアンプよりも大型の02系シャーシを採用。シャーシ内部は5分割の2階建て構造として、各回路ブロックを専用コンパートメントに収めて立体配置する「3Dオプティマイズド・シャーシ」構造を採用。回路同士の相互干渉をさらに抑え、最短の信号経路としている。外装は肉厚アルミ材を採用し、5mm厚のスチール製ボトムシャーシを独自のスチール製インシュレーターで4点支持。振動を抑制し、高剛性を追求した。

入力端子はXLR3系統、RCA3系統を搭載。AVプリ入力として仕様可能なRCA2端子も備える。アナログ出力はXLR2系統、RCA2系統を備える。

アナログ出力の出力インピーダンスはRCA 47Ω/XLR 100Ω、全高調波歪率は0.0006%(RCA)/0.0004%(XLR)、周波数特性は1Hz〜200kHz(-3dB)、S/Nは116dB(2V入力、A weight)。外形寸法は445W×162H×457Dmm、質量は28kg。

580W/2Ωの出力を誇るステレオパワーアンプ「S-03」

S-03

ステレオパワーアンプ「S-03」は電源供給力の源となる電源部に最大限の物量を投入することで、定格出力は8Ω時で145W+145W、4Ω時で290W+290Wを達成。最大出力は2Ω時で580W+580Wとなる。

電源部については、Grandiosoをはじめとするエソテリックのステレオパワーアンプの独自技術を踏襲。前段とドライブ段の電源部を独立させ、それぞれをデュアルモノ化した4セクション独立の「2×2 Dual Mono」パワーサプライを採用。微弱な信号を扱う電圧増幅段、電流変動の大きい電流増幅段の電源部を独立させている。さらにトランスの2次側巻き線から整流回路まで左右独立デュアルモノ構成を徹底する。

ドライブ段の電源トランスは、素材からサイズ、マウント方法までを検討したカスタム仕様品を採用。EI方式940VAの大容量トランスを5mm鋼板製のベース部にリジッドにマウントしている。電源部のコンデンサーは、4,700μF×3パラレルのデュアルモノ構成。電源部の全ての配線は、極太ケーブルをボルトで固定するハードワイヤリング仕様として、低インピーダンス化を徹底した。

アンプ出力の低インピーダンス化も追求。全段でチャンネルごとに9本のバスバーを使用し、出力段のコイルを省略するなど低インピーダンスに努め、シンプルな回路設計を徹底した。結果、ダンピングファクターは1000という数値を達成している。

入力バッファーアンプはバランス設計を採用。増幅段までの信号経路を低インピーダンス・バランス伝送を行う。

パワーアンプ・モジュールは、バイポーラLAPT素子を5パラレル・プッシュプルとした3段ダーリントン構成。バイポーラ素子についても、連続動作17アンペア、瞬間動作34アンペアという電流供給能力を持つ大型バイポーラLAPT素子を採用する。またこの素子の優れた高域特性を引き出すために、部品点数やパラレル数を極力減らしたシンプルな増幅回路としている。また増幅回路は可能な限りシンプルな設計とし、前段の裸ゲインを小さくすることによりNFBを最少としてナチュラルな音質を実現した。

さらに、ドライブ段2段目から最終段への出力インピーダンスを下げ、電流供給能力を高める独自のLIDSC回路を採用。電源電圧内で最大の振幅が得られ、歪も低減できるため、ステレオアンプながらモノラルアンプに匹敵するスピーカー駆動力を獲得したという。

シャーシはエソテリック伝統の2層式シャーシ構成。2mm鋼板の堅牢な内部構造体は、回路ブロックごとに専用コンパートメント化され、最短の信号経路で信号を増幅できる。ブロック化された内部構造体は肉厚アルミパネルで包囲され、5mm鋼材を採用したボトムシャーシ、独自のスチール製インシュレーターで4点支持する。

周波数特性は5Hz〜100kHz(+0dB、-3dB、8Ω)、S/Nは115dB(IHF-A)、全高調波歪率は0.003%(1kHz、8Ω、145W)。消費電力は440W(無信号時160W)、外形寸法は445W×221.5H×476Dmm、質量は48.0kg。

新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドESOTERIC
  • 型番C-03Xs
  • 発売日2015年9月10日
  • 価格¥800,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:RCA×3、XLR×2 ●出力端子:RCA×2、XLR×2 ●入力インピーダンス:LINE 10kΩ ●入力感度:定格出力時…510mV、800mV出力時…200mV ●出力インピーダンス:RCA…47Ω、XLR…100Ω ●全高調波歪率:0.0006%(RCA)、0.0004%(XLR) ●周波数特性:1Hz〜200kHz(-3dB)、3Hz〜50kHz(-0.2dB) ●S/N比:116dB(2V入力、A weight) ●ゲイン:+12dB ●定格出力:2V ●消費電力:19W ●外形寸法:445W×162H×457Dmm(突起部含む) ●質量:28kg
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドESOTERIC
  • 型番S-03
  • 発売日2015年9月10日
  • 価格¥900,000(税抜)
【SPEC】●定格出力:145W+145W(8Ω)、290W+290W(4Ω) ●実用最大出力:580W+580W(2Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB,-3dB,8Ω) ●S/N比:115dB(IHF-A) ●全高調波歪率:0.003%(1kHz,8Ω,145W) ●ゲイン:29dB ●ダンピングファクター:1000 ●入力端子:RCA×1、XLR×1 ●入力インピーダンス:RCA…22kΩ、XLR…44kΩ ●消費電力:440W(無信号時160W) ●外形寸法:445W×221.5H×476Dmm(突起部含む) ●質量:48kg

関連記事