オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Twonky採用でDSDにも対応

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onkyo自動DLも

編集部:杉浦 みな子
2015年06月10日
アイ・オー・データ機器は、e-onkyo musicからの音源自動DLにも対応するエントリー向けのオーディオ用NAS「RockDisk for Audio」を、6月下旬に直販サイト「アイオープラザ」限定で発売する。内蔵HDD/SSD別に以下のモデルをラインナップする。

■HDDモデル
・「HLS-C2.0HF(2TB)」¥OPEN(予想実売価格28,864円前後)
・「HLS-C1.0HF(1TB)」¥OPEN(予想実売価格22,384円前後)

■SSDモデル
・「HLS-C500SHF(500GB)」¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)

RockDisk for Audio

RockDisk for Audioのデモ用試作機

HDD搭載モデルについては、1TB/2TBとも発売初日にスタートダッシュ限定クーポンを配布予定。発売初日はクーポンを適用することで、それぞれ特別価格の24,980円(税込・2TB)/18,980円(税込・1TB)で予約を受け付ける。

■初期設定不要。電源を入れればすぐに使えるエントリーNAS

RockDisk for Audioは、従来モデル「RockDiskNext(関連ニュース)」の後継機に位置づけられる製品。ネットワークオーディオの入門者向けに開発されたNASで、LANケーブルを接続して本体の電源を入れるだけですぐ利用できるようになっている。HDDの取り付け・初期化や、メディアサーバーのインストールなどの設定は不要。専用アプリ「Magical Finder」を利用することで、スマートフォンからの設定・操作も行える。

電源を入れてLANケーブルを繋げばすぐに使える

本体は、邪魔にならず部屋の隅に設置できるよう、コンパクトなペットボトルサイズとしている。三角形のデザインを採用し、三点支持とすることで設置時の安定性にも配慮した。内部基板は、ヒートシンクで静音性を高めたファンレス設計。従来モデルでは3.5インチHDDを採用していたが、今回は2.5インチHDDを採用している。これにより、3.5インチ搭載時に10〜15W程度であった消費電力を、本機では8Wに抑え、加えてHDD動作音も低減した。SSDモデルの動作音はほぼ無音になるとしている。

試作機の内部構造

なお従来機種のRockDiskNextは、元々通常のHDD製品として開発されたものをオーディオ向けにも展開していたが、今回のRockDisk for Audioは同社初の「最初から“オーディオ向け”に開発されたNAS」となる。また、従来モデルは同社の“挑戦者”ブランドから展開していたが、今回は一般層に向けたエントリーモデルとして、アイ・オー・データ機器ブランドから投入される。

■メディアサーバーは「Twonky Server」。DSDにも対応

従来モデルと異なり、メディアサーバーに「Twonky Server」を搭載しており、様々なオーディオ機器との互換性を確保できるようにしている。対応ファイル形式はWAV/MP3/WMA/M4A/M4B/OGG/FLAC/AAC/MP2/AC3/MPA/AIF/AIFF/ASF/DFF/DSFで、基本的にTwonky Serverの仕様に準ずる。

なお本機のポイントして、オーディオ専用で利用する場合の利便性を考慮し、フォルダから楽曲表示する場合に、あいうえお順ではなくトラックナンバーを優先して表示できるようにしている(ただしトラックナンバーが楽曲ファイルのタグに記述されている場合のみ)。

■e-onkyo musicからのハイレゾ自動DL対応 − CDレコを使えばPCレスでCDリッピングも

音楽データの取り込みに関しても、いくつかの方法を提案することで、エントリーユーザーが本機を使って簡単にネットワークオーディオを始められるよう配慮している。通常の用途でPCやネットワークオーディオプレーヤーから音楽を取り込むスタイルはもちろん、同社製品「CDレコ(関連ニュース)」と組み合わせて使用すれば、PCレスで本機に直接CDリッピングが行えるようになる。

さらに上述の通り、高音質音源配信サイトe-onkyo musicから、ハイレゾ音源をPCレスで本機に直接ダウンロードできる。専用アプリ Magical Finderを使って、e-onkyo musicのデバイス認証キーを本体に登録すれば連携設定が行える。もちろん楽曲の自動ダウンロード購入機能にも対応しており、外出先でスマホのe-onkyoアプリから楽曲の購入を行い、自宅のRockDisk for Audioに自動でダウンロードさせるといった使い方ができる。

なお、本機の発売を記念して、2015年6月10日〜7月31日の期間にRockDisk for Audioを購入した方を対象とした「e-onkyo music」クーポン進呈キャンペーンが実施される予定。本クーポンにて、e-onkyo musicから好きな楽曲を無料で1曲ダウンロード可能となる。

■2台のRockDisk for Audioを自動同期させる機能も

機能面では、2台のRockDisk for Audioを自動同期させる機能も搭載している。P2P通信を採用しており、ネットワーク経由で、宅外にある2台を同期設定させることもできる。同期設定はアプリ Magical Finderから行う。

これは、NAS内音楽ライブラリーのバックアップ機能として備えている機能。ミラーリング対応NASの場合は、本体が故障してしまうとデータ復旧できなくなるが、本機を2台同期させるシステムとすることで、本体が故障した場合でも音楽ライブラリーをセーブできるように開発したという。アイ・オー・データ機器では「RockDisk for Audioは比較的低価格帯の製品なので、2台の購入も現実的だと思う。本機ならではの提案」とアピールしている。

■「RemoteLink Files」で宅外でも音楽再生できる

iOS/Android向けのアプリ「RemoteLink Files」を利用することで、宅外からスマホ/タブレットでRockDisk for Audioにアクセスし、内部の音楽ファイルをストリーミング再生したり、端末側にダウンロードして楽しむこともできる。ストリーミング再生対応ファイル形式は、Android版がMP3/WAV/M4A/AAC/M4B/WMAで、iOS版がMP3/AAC/M4A/M4B/WAV/AIF/AIFF。アプリから、ファイルの削除やタイトル変更などの操作も可能。

設定も、スマホにアプリRemoteLink Filesをインストールした上、製品のパッケージに同梱されるQRコードを撮影してパスワード設定するだけの簡単な内容としている。

【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器 インフォメーションデスク
TEL/0120-777-618

関連記事