オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

フューレン、ピエガ新スピーカー「Coax 30.2」など4機種 − 一部製品の生産完了も告知

ファイル・ウェブ編集部
2012年11月28日
フューレンコーディネートは、同社が取り扱うPIEGA「TC30X」など一部製品の生産完了と、その後継機の発売をアナウンスした。

今回生産完了となるのは、スピーカーシステムTC30XTC10XTP5TP3TS5TS3の6機種。

このうちTC10X、TC30X、TP3、TP5については、後継機としてCoax 10.2、Coax 30.2、Premium 1.2、Premium 5.2が12月13日より発売される。各製品の詳細は以下のとおり。

Coax 10.2 ¥987,000(ペア・税込)


Coax 10.2
新設計の15cm MOMウーファーを1基、C2同軸リボントゥイーターを1基搭載したブックシェルフスピーカー。再生周波数帯域は36Hz〜50kHzで、クロスオーバー周波数は800Hz/3.75kHz(24dB/oct)。能率は90dB/W/mで、インピーダンスは4Ω。推奨アンプ出力は20〜200Wとなっている。

背面にはバイワイヤリング対応のWBTターミナルを用意。キャビネットはポリッシュドアルミニウム仕上げ。外形寸法は190W×410H×220Dmm、質量は12.5kg。


Coax 30.2 ¥1,176,000(ペア・税込)


Coax 30.2
新設計の15cm MOMウーファーを2基、C2同軸リボントゥイーターを1基搭載したフロアスタンディングスピーカー。再生周波数帯域は33Hz〜50kHzで、クロスオーバー周波数は700Hz/3.75kHz(24dB/oct)。能率は90dB/W/mで、インピーダンスは4Ω。推奨アンプ出力は20〜250Wとなっている。

背面にはバイワイヤリング対応のWBTターミナルを用意。キャビネットはポリッシュドアルミニウム仕上げ。外形寸法は190W×1,120H×220Dmm、質量は29kg。


Premium 1.2 ¥273,000(ペア・税込)


Premium 1.2
新設計の13cmのMOMウーファーを1基、ピエガ独自のLDR2642 MK IIリボントゥイーターを1基搭載したブックシェルフスピーカー。再生周波数帯域は39Hz〜50kHz。能率は89dB/W/mで、インピーダンスは4Ω。推奨アンプ出力は20〜150Wとなっている。

背面にはバナナプラグ/Yラグ対応のWBTターミナルを用意。キャビネットはポリッシュドアルミニウム仕上げ。前モデルより厚みを増した新設計で、剛性を向上させたという。外形寸法は190W×320H×220Dmm、質量は8kg。


Premium 5.2 ¥483,000(ペア・税込)


Premium 5.2
新設計の13cmのMOMウーファーを2基、ピエガ独自のLDR2642 MK IIリボントゥイーターを1基搭載したフロアスタンディングスピーカー。再生周波数帯域は34Hz〜50kHzで、クロスオーバー周波数は150Hz/3kHz。能率は91dB/W/mで、インピーダンスは4Ω。推奨アンプ出力は20〜200Wとなっている。

背面にはバナナプラグ/Yラグ対応のWBTターミナルを用意。キャビネットはポリッシュドアルミニウム仕上げ。外形寸法は190W×1,020H×220Dmm、質量は23kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIEGA
  • 型番Premium 1.2
  • 発売日2012年12月13日
  • 価格¥273,000(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIEGA
  • 型番Premium 5.2
  • 発売日2012年12月13日
  • 価格¥483,000(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIEGA
  • 型番Coax 10.2
  • 発売日2012年12月13日
  • 価格¥987,000(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIEGA
  • 型番Coax 30.2
  • 発売日2012年12月13日
  • 価格¥1,176,000(ペア・税込)

関連記事