オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
19日に開催された好評の自作イベント

オヤイデ電気のイベント「電源ケーブル&電源タップ自作講習会in秋葉原」が大盛況のうちに終了

オーディオアクセサリー編集部
2011年06月20日

今回のテーマ、電源ボックスと電源ケーブル
オヤイデ電気は、自作イベント「電源タップ&電源ケーブル自作講習会in秋葉原」を6月19日(日)に開催。イベントは大盛況のうちに終了した。当日の来場者は午前の部/午後の部を併せ91名に上り、今回の自作テーマである電源タップ&電源ケーブルの2アイテムを全員無事に完成させることができた。


開催場所は、JR秋葉原駅より徒歩3分の廣瀬本社ビル5階

午前の部と午後の部、それぞれ約50名弱の方が参加
会場は秋葉原のヒロセ無線5階ホール。参加費は1万円/事前予約制だったが、イベントでは2万円相当の部材で製作した電源タップと電源ケーブルを持ち帰って楽しめるとあって、当初の予定定員だった80名を超える100名からの応募があったという。当日の工作時間は参加者それぞれ2時間ほどに及び、結構な根詰め作業となって初心者の方にとっては特に大変だったようだ。


作り方の指導は、オヤイデ電気の荒川 敬氏

だいぶ完成に近づいた電源ボックス。配線の方法を間違えないように特に注意していた
完成した電源タップはULタイプの4個口で、オヤイデオリジナルの真鍮無メッキ品(SWO-NT:非売品)を使用し、オヤイデの高音質インレット「PowerInletR」とファストン端子「FTL-G」を使った配線で組み込み。ケースはオヤイデ電気秋葉原店限定販売のインレット取り付け型塩ビコンセントボックス、コンセントカバーにはJIMBO製ステンレスプレートを使用している。


オヤイデ電気の社員の方々がアシスタントとして、一人一人の質問などにていねいに対応

完成したら、ケーブルと電源ボックスをオヤイデ電気の社員の方がテスターで導通チェックを実施
電源ケーブルは、端末にオヤイデオリジナルの電源プラグ「P-029」とIECコネクター「C-029」を使用し、ケーブルには「PA-23(1.8m)」が用いられた。

東京では久々の実施となった自作イベント。今後もイベントの予定が決まったら、改めてご報告をしていきたい。

関連記事