オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイエンドショウ2009レポート

<音元ブース>TADの魅力を藤岡氏が軽妙トークで解説

Phile-web編集部
2009年10月13日
ハイエンドショウトウキョウ2009最終日、12時30分からの音元出版ブースでは藤岡誠氏を講師に招いての「TADの話題のニューモデルを聴く!」と題されたイベントが開催された。

藤岡誠氏

同イベントは、その名の通りTADの新製品を体験しようというもの。ハイエンドショウが行われた3日間の間、音元出版ブースのリファレンススピーカーとして使用されている「TAD Reference One」に、モノラルパワーアンプ「TAD-M600」を組み合わせての音出しに加え、スピーカーを新型のブックシェルフ「TAD-CR1」に交換してのデモも行われた。

デモで使用されたシステム

「TAD-CR1」の音出しも実施

3日間を通してどのイベントでも賑わいを見せた音元出版ブースだったが、この回はいつも以上の来場者で埋まった。立錐の余地もないほどの盛り上がりを見せ、注目度の高さをうかがわせた。

ブースは多数の来場者でにぎわった

藤岡氏からはTAD製品の魅力についてはもちろん、デモに使用する音源についての背景や聴きどころなど解説。「非常にリズミカルな音源なので、皆さんは聴きながら踊り出したりしないようして頂きたい(笑)」などと、ジョークも交えながらの軽妙なトークに来場者から笑いもこぼれるイベントとなった。

関連記事