オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2009東京インターナショナルオーディオショウレポート

リン、新製品「SEKRIT DS-I」を披露 − DSシリーズの試聴&ラインナップも訴求

Phile-web編集部
2009年10月02日
リンのブースには、先日発表されたネットワークオーディオプレーヤーの新製品「SEKRIT DS-I」(関連ニュース)が早速登場。実際に試聴できるとあって、注目を集めていた。

SEKRIT DS-I

試聴デモも行っている。この写真を見るとSEKRIT DS-Iがとてもコンパクトなことが分かるだろう

KLIMAX/AKURATE/MAJIK/SNEAKY MUSIC DS からなるDSシリーズに新たな製品が加わった。「SEKRIT DS-I」は予価262,500円(税込)。発売時期は未定。本機の特長は光デジタル入力端子、イーサネット端子に加え、アナログ入力端子と同軸デジタル入力端子も備えていること。またクラスDのデジタルアンプを搭載し、コンパクトながら出力70Wを実現するなどの点も大きなポイントだ。

同社ブースでは、SEKRIT DS-Iを含めたDSシリーズ5製品の特長や住み分け、そしてネットワークオーディオのメリットと使い方を改めて説明する展示を行っている。

KLIMAX DS及びAKURATE DSは「DSそのものの音質を最大限高めるため」、イーサネット端子やアンバランス/バランス出力端子のみの搭載となっているが、MAJIK DS/SNEAKY MUSIC DSはライン出力はアンバランスのみ、しかしアップサンプリング可能なデジタル出力を装備。上位機にない「接続のしやすさ/対応試聴スタイルの多さ」を持っている。

特に「SNEAKY MUSIC DS」(関連ニュース)もパワーアンプを搭載しており、SEKRIT DS-Iと価格帯もほぼ同じだが、SNEAKYはイーサネット入力のみを装備し、逆にアナログ/デジタル出力端子を備え、アンプ出力も20W+20Wにとどまるなど、プレーヤーとしての色彩が濃かった。

ブースではDSシリーズに加え、“DSシリーズ”のPC用操作ソフト「KINSKY Desktop」(関連ニュース)の紹介、CDのリッピングもできるNASを参考展示するなど、ネットワーク音楽再生をより高品位かつ便利に楽しめる方法を訴求していた。

「KINSKY Desktop」やDSと組み合わせて使いたいアンプなどを紹介

DSやスピーカーなどの推奨システムを訴求していた


リッピングドライブも搭載したNASを参考展示

SEKRIT DS-Iのデモシステムのほか、KLIMAX 350とモノパワーアンプKLIMAX 500 SOLOを組み合わせたデモを実施していた

関連記事