【特別企画】目の肥えたプロやハイアマも納得!

コスパ抜群の実力機。BenQ渾身のPCモニター「SW321C」レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
桃井一至

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年12月11日

■独自のOSDコントローラーで作業効率もグッと向上

また、作業効率を高めてくれる独自のOSDコントローラー「ホットキーパックG2」を備えているのも見逃せないポイントだ。


様々な操作を手元で素早く行うことができるOSDコントローラー「ホットキーパックG2」。一般的なモニターに多い、フレームに配置された操作ボタンと比べるまでもなく、操作のしやすさは一目瞭然だ
このコントローラーには、中央のダイヤルを囲むように「1」、「2」、「3」のボタンが配置されている。初期設定では「1」に「sRGBモード」、「2」に「Adobe RGBモード」、「3」に「モノクロモード」が割り当てられており、ワンタッチで画面のカラーモードを切り替えることができる。

そのため、webベースの利用にはsRGB表示、ハイレベルな印刷などにはAdobe RGB表示といった使い分けも素早く行える。また、割り当てはカスタマイズ可能なので、使用頻度などに応じてメニューを割り当て、スムーズな作業も実現できる。

得てして、一般的なモニターの設定は細かなボタン作業が続き、イラッとすることも多いものだが、SW321Cは、この独自のOSDコントローラーにより、ワークフローに即した配慮がされているのが嬉しい。


外光の影響を減らす遮光フードも、しっかりしたものが同梱されており、反射の少ない画面との相乗効果で、リッチな環境に時間を忘れて、つい没入してしまう
仕事がら、販売店のスタッフと話すことも多いが、高品位なモニターで目の肥えたプロユーザーやハイアマチュアも、BenQのモニターに実際に触れると、そのコストパフォーマンスの高さに驚き、買い替え、買い増しする方も多いという。

色の正確さを求められるプロやベテランユーザーはもちろん、忠実な写真表示を手軽に楽しみたい方に至るまで、SW321Cは幅広い写真愛好家の受け皿になってくれるモニターといえるだろう。

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事