【特別企画】目の肥えたプロやハイアマも納得!

コスパ抜群の実力機。BenQ渾身のPCモニター「SW321C」レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
桃井一至

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年12月11日

みなさんはデジタルカメラで撮影した写真や映像を、どのようなカタチで楽しんでいるだろうか。最近では、撮影データをスマートフォンやタブレットに転送して完結という方も多いのではないだろうか。

もちろん簡易的に楽しむならそれで必要十分だが、レンズの描写能力や、写真の奥行きや深みを感じさせる明部から暗部のつながりなど、本格的に楽しむとなると力不足は否めない。高性能カメラやレンズの実力を余すことなく堪能するならば、それに相応しい実力派モニターが必要だ。

しかし、販売店に足を運んでも、店頭に並ぶモニターは一見どれも美しく、なにを基準にチョイスすればよいのか難しい。画面が大きくても価格はリーズナブルだったり、逆に画面は小さいのに高額だったり…。正直なところ、ちょっと眺めただけではわからない。表示が鮮やかなものが、印象的で写真映えするようにも感じるが、かといってそれだけで決めてしまうのは早計だ。

モニターには用途によって、デザイン向け、ゲーム向けなど、様々なタイプがある。そのため、高性能カメラやレンズの実力を堪能したいのであれば、中でも特に写真・映像表示に特化した「カラーマネジメントモニター」に注目してほしい。

■カラーマネジメントモニターの市場で存在感を増すBenQの最高峰


BenQのカラーマネジメントモニター「AQCOLORシリーズ」のハイエンドモデル「SW321C」。価格はオープン(市場想定価格250,000円前後)
そして、そんなカラーマネジメントモニターの国内市場で、近年、破竹の勢いを見せるのがBenQ(ベンキュー)だ。現在、BenQのカラーマネジメントモニターは、24インチのエントリーモデルから、4K対応のハイクラスモデルまで、全6モデルがラインアップされているが、今回の主役はハイエンドモデルとなる「SW321C」。じっくり試用する機会を得たので、その魅力をご紹介していこう。

写真や映像の忠実再現を追求したプロお墨付きの色再現

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事