【特別企画】UHD-BD再生に対応したユニバーサルプレーヤー

2017年、印象に残ったヒットモデル。OPPO「UDP-205」を導入した理由を評論家に聞いた

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 次のページ

2017年12月20日
2017年屈指のヒットモデルとなった「UDP-205」

2017年も残るところあとわずかだが、今年もオーディオ&ビジュアルの世界では様々なジャンルでヒットモデルが生まれた。中でもとりわけ印象に残ったヒットモデルがいくつかあった。

OPPO「UDP-205」¥OPEN(予想実売価格20万円前後)

Ultra HD Blu-ray(UHD-BD)の再生に対応したユニバーサルプレーヤー、OPPO Digital「UDP-205」もそのひとつだ。UDP-205は、評論家やアワードでの高い評価に加えて、BDプレーヤーカテゴリーで圧倒的に「売れた」モデルとなった。弊社刊行のオーディオ&ビジュアル業界誌、月刊「Senka21」が有力販売店への調査をもとに集計する「売れ筋商品 四半期ランキング 2017年7月〜9月」でも、UDP-205は圧倒的な得票で1位となった。年末にかけて、さらに売上台数を伸ばしているという。

UDP-205はなぜここまでのヒットモデルになったのか? オーディオビジュアル評論家が実際にUDP-205を導入した例も多いが、今回、その中から3氏に、導入した理由や評価する理由をあらためて聞いた。

他を圧倒するスペック。最新フォーマットを網羅する

導入した評論家の方々のコメントを紹介する前に、改めてそのプロフィールについて振り返っておこう。

UDP-205は、UHD-BD再生に対応したユニバーサルプレーヤーである。ユニバーサルプレーヤーとは、その名のとおり多種多様なメディアを再生することが可能なプレーヤーのこと。中でもUDP-205が一際注目される理由は、その再生対応メディアの多彩さと、何より各メディアの再生クオリティの高さだ。

対応メディアの充実ぶりは他を寄せ付けない。DVD、BDの再生に加えて、4K映像を収録したUHD-BDの再生にも対応する。UHD-BDについては今年本格的にタイトル数が増え、『君の名は。』『シン・ゴジラ』といった大ヒット作品も登場した。4Kテレビの普及もあり、UHD-BDの再生環境を探している方も多いだろう。

UDP-205の筐体内部。整然と配置された大型基板が目を引く

ディスクについては他にも、SACD、CD、DVDオーディオ、ハイレゾ音源を収録したデータディスクが再生できる。現在流通している12cmディスクはほぼ網羅していると言ってよい。

ハイレゾについては、パソコンと組み合わせて再生するUSB-DAC機能、サーバーの音源をネットワーク経由で再生するネットワーク再生機能、USBストレージを本体に直接接続して再生する方法に対応する。USB-DACとしては、22.6MHz DSDなど現在最高峰のフォーマットの再生も可能だ。

UDP-205の背面端子部。高品位なアナログマルチch出力の搭載も注目を集めた

4k+HDRの入力信号にも対応したHDMI入力も備えているので、「Chromecast」や「Fire TV」といった端末を本機に接続して、映像ストリーミングを高品位に再生することもできる。

画質/音質の高さは、何より評論家の評価の高さやアワードの受賞歴が示しているだろう。弊社主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」でも、BDプレーヤー部門で金賞を受賞している。

高いクオリティを実現しているポイントは多々あるが、特に注目されているのがESS Technology社の最高峰DACチップ「ES9038PRO」をステレオ再生用、マルチチャンネル用にそれぞれ1基ずつ、計2基搭載している点だ。このDACチップはハイエンドオーディオ分野でも採用モデルは限られている。

ESSの最高峰DACチップ「ES9038 PRO」を2基搭載

高剛性の筐体や強力な電源部、OPPOが誇る最新のエレクトロニクスも、本機の画質/音質を支えている。詳細は下記の関連記事一覧に挙げたレビューもぜひ参考にしてほしい。

実際にUDP-205を導入をした3名の評論家がその魅力を紹介

このUDP-205をプロの評論家が実際に導入した理由は何なのか。自宅の試聴室にUDP-205を導入した大橋伸太郎氏、小原由夫氏、山之内正氏の3名に、その理由と、UDP-205を評価する理由を聞いてみた。

>>大橋伸太郎
UHD-BDをはじめとする映像ディスクの再生に関して、現在“無敵”

大橋氏 筆者は、UDP-205の前モデルにあたる「BDP-105D Japan Limited」を購入して、Blu-rayの画質評価に使用していたこともあり、自然進化形の本機を躊躇わずに導入した。

大橋伸太郎氏

サラウンド(マルチチャンネル)再生ができるSACD/CDプレーヤーは非常に少なく、本機はHDMIとアナログ出力(7ch)の両方で対応し音質も優れている。一般的な視聴の範囲でなら、映像もオーディオも、ディスクプレーヤーは本機1台に集約してまず不足はないのではないか。

UHD-BDをはじめとする映像ディスクの再生に関しては、現在“無敵”といっていい。他社すべてが闘わずして白旗を掲げた感さえある。HDRやドルビービジョンという映像の新フォーマットの持てるニュアンスをビビッドに伝える高感度映像だ。「ターゲット輝度調整」と命名されたHDR/SDR変換調整機能も使いこなし甲斐がある。

他社製品に対する優位性に安住せず、従来モデルからの進歩が随所にうかがえたことも好感度大だ。ホールドすると自動でライトアップするリモコンの「info」ボタンを長押しすると、メディア情報(ディスクのメタデータ)を表示、コンテンツの色空間、最大輝度、最小輝度等を表示するのは筆者には有益だ。

ほかに細かな点では、字幕設定が色、アウトライン色、サイズ、同期と多岐に渡っていて、ディスクをイジェクトしても設定が保持される(キャンセルされない)のは非常に便利。

単に再生できるディスクの種類が多いだけでなく、画質/音質の高さ、水も漏らさぬ機能の充実という点で真の意味のユニバーサルプレーヤーといえよう。


小原由夫氏、山之内正氏はなぜUDP-205の導入理由したのか?

前のページ 1 2 次のページ