従来同様の機能を搭載して小型化を実現

LINEキャラクターの形をしたスマートスピーカーのミニサイズ版「Clova Friends mini」が6月1日から発売

編集部:川田菜月
2018年05月31日
LINEは、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova Friends」のミニサイズ版『Clova Friends mini』のブラウン/サリーモデルを6月1日から発売する。価格は5,400円(税込)。

「Clova Friends mini」

Clova Friendsは、同社スマートスピーカーの第二弾モデルで、より話しかけやすい存在を目指して、LINEキャラクターをデザインモチーフに採用(関連ニュース)。

明日6月1日から発売される「Clova Friends mini」は、身長約11cm/体重約260gとさらなる小型化を実現した新シリーズ。Clova Friends同様、LINEのメッセージ送信や読み上げ、LINE通話の受発信、LINE MUSICを介した音楽再生など様々な機能を備えており、デザインも従来同様LINEキャラクター「ブラウン」と「サリー」のかたちを採用した。

製品後ろ側が「Clova Friends」、手前がミニサイズ版の「Clova Friends mini」

本製品より認識率向上のため、初期設定の呼び名を「ねぇClova」に変更したとのこと(従来は「Clova」)。なお、呼び名はアプリ上から変更可能。

メモリは512MB LPDDR3、ストレージは4GB。Wi-Fiは802.11 a/b/g/n(2.4GHz, 5GHz)、BluetoothはVer.4.2を搭載する。内蔵バッテリーは容量2,000mAh、スピーカーには出力7Wの45mmフルレンジを搭載する。対応OSはAndroid 4.4以上/iOS 9.0以上。外形寸法は、ブラウンが直径72×113.8Hmm、サリーが直径72×109.7Hmm、質量はどちらも258g。

より親しみやすく生活に溶け込む存在を目指すとしている

同社はClova Friendsの利用状況として、実際キャラクターと会話しているような感覚から、家族や友だちの一員のように気軽に使用ができるといった意見や、子供と一緒に利用するケースも多いことから、家族とのコミュニケーションが活性化したという結果も出ているとしている。Clova Friends miniでは小型化により、持ち運びやすさと親しみやすさの向上を目指すとしている。

関連記事