「Clova Friends mini」特別デザインモデル

LINE、ドラえもん型スマートスピーカー。“宝島”着せ替えカバーも

編集部:川田菜月
2018年05月31日
LINEは、AIアシスタント「Clova」搭載スマートスピーカー「Clova Friends mini」より、数量限定でドラえもんモデルを明日6月1日から発売する。本体価格は5,400円(税込)。

「Clova Friends mini」に数量限定ドラえもんモデル登場

また、「映画ドラえもん のび太の宝島」がシリーズ過去最高の興行収入を記録したことを記念して、映画のドラえもん衣装を模した特注着せかえグッズを200着限定で用意。藤子・F・不二雄ミュージアムおよび楽天ブックスにて、専用カバーセットとして19,872円(税込)で発売する。

特注着せかえグッズを200 着限定

Clova Friends mini(関連ニュース)のデザインに人気キャラクターのドラえもんを採用。サイズ/質量は直径72×109.7Hmm/258gで、実際のドラえもんの体重の約500分の1、身長は約12分の1にあたるとのこと。

Clova Friends同様、LINEのメッセージ送信や読み上げ、LINE通話の受発信、LINE MUSICを介した音楽再生など様々な機能を装備している。ドラえもんの声も搭載しており、「ねぇClova、ドラえもんにかわって」と話しかけることで、「僕ドラえもんです。君と話せて嬉しいよ。」などドラえもんとの会話も楽しむことができるとのこと。


ドラえもんと会話が可能。例えば「暑いよ」と話しかけると、「エスキモーエキスでも飲む?暑いと言うたびに気温が3℃涼しく感じられるんだ」と答えてくれる
会話には51種類のひみつ道具の単語や、原作のドラえもんのセリフなどを採用。大好物の「ドラ焼き」や苦手な「ネズミ」に関するユニークな展開や、「歌をうたって」「早口言葉言って」などリクエストにも応えてくれるとのこと。今後ソフトウェア・アップデートによる応答内容の追加も検討するとしている。

関連記事