購入者専用の映像配信サービス「BRAVIA CORE」も

ソニー、“人間の脳と同じ処理”で高画質・高音質化する4Kテレビ「BRAVIA XR」。有機EL「A90J」「A80J」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年04月12日
ソニーは、新開発の“認知特性プロセッサー”「XR」を搭載する4Kテレビ「BRAVIA XR」シリーズを発表。有機ELモデル「A90J」「A80J」、液晶モデル「X95J」「X90J」の4シリーズを順次発売する。

BRAVIA XR

本稿では、有機ELモデル「A90J」「A80J」の2シリーズについてレポートする。両シリーズのサイズ展開と予想実売価格(税込)、発売日は下記の通り。

A90Jシリーズ

■A90Jシリーズ
XRJ-83A90J(83型)1,100,000円前後 7月10日発売
XRJ-65A90J(65型)550,000円前後 5月1日発売
XRJ-55A90J(55型)385,000円前後 5月1日発売

■A80Jシリーズ
XRJ-77A80J(77型)660,000円前後 6月26日発売
XRJ-65A80J(65型)473,000円前後 6月12日発売
XRJ-55A80J(55型)308,000円前後 6月12日発売

A80Jシリーズ

■購入者専用の映像配信サービス「BRAVIA CORE」など新プロセッサー以外にも様々な特徴

まず液晶モデルも含めたBRAVIA XR各機種共通の特徴として、前述の新プロセッサー「XR」搭載に加え、Googleの最新スマートテレビOS「Google TV」を搭載。YouTubeやNetflixなど各サービスのアプリが並んでいた従来のUIから、各サービスを横断してコンテンツをレコメンドしてくれる新UIになった。なお、従来のようなアプリ軸でのUIで表示するモードも用意されている。

Google TV OSでの新UIイメージ

また、購入特典として、BRAVIA XRシリーズ専用コンテンツサービス「BRAVIA CORE(ブラビアコア)」も提供。ソニー・ピクチャーズの最新作や過去の名作などを配信で視聴できる。

BRAVIA COREのロゴ

ブラビアコアでは、最新映画が10本見られるほか、過去の名作が2年間見放題。IMAX Enhancedにも対応するほか、作品の舞台裏を楽しめるスタジオアクセス(※英語音声のみ)といったコンテンツも用意している。

BRAVIA COREのUIイメージ

また、独自のストリーミング技術を採用。4Kコンテンツの配信時において、一般的な動画配信サービスではビットレートが10 - 20Mbpsであることが多いのに対し、ブラビアコアでは最大80Mbpsで配信するという。

なおサービス名の「CORE」は「Center of Real Entertainment」の意味が込められており、ソニーが持つテクノロジーとエンターテイメントを融合させて最高のエンターテイメントを提供することをコンセプトにしているという。

もちろん新4K衛星放送(BS4K/CS110度4K)にも対応。4Kチューナーおよび地デジ/BS/110度CSチューナーを3基搭載し、外付けUSB-HDDへの4K放送2番組同時録画も行える。

A90Jの背面部

A80Jの背面部

また、HDMI端子はHDMI 2.1に規定される各項目のうち4K/120p、VRR(可変リフレッシュレート)、ALLM(自動低遅延モード)、eARCに対応している。なおVRRは発売後のソフトウェアアップデートでの対応を予定している。

A90Jのスタンド部

リモコンも新タイプに

■人間の脳と同じような形で信号処理を行う認知特性プロセッサー「XR」

認知特性プロセッサー「XR」は、映像と音声両方を処理できる新エンジン。人の認知特性に基づく分析も行う「XR Picture」、映像とともに音も同時に処理できる「XR Sound」から成り、「映像の自然な美しさと音の臨場感で、圧倒的な没入感を実現する」とアピールしている。

認知特性プロセッサー「XR」

「XR Picture」では、人の認知特性に基づく分析項目を加え、映像をエリアごとに検出した上で、それぞれの要素を横断的に解析。これを基に映像を最適化し、自然な美しさを実現するという。「XR Color」「XR Contrast」「XR Clarity」「XR Motion」といった各項目を備えている。

同社によれば、同プロセッサーでの映像の検出においては、2つの進化ポイントがあるという。

まずひとつ目は、1枚の映像をゾーン分割して色、動き、明るさなどの各要素の検出を行うこと。従来は映像を1枚の面として、各要素を検出していたが、ゾーンを分割することでより緻密な検出を行うようにした。

次に、「注視点」という新たな要素を検出することがふたつ目のポイント。人が目の前に広がる景色を見る際に、どういったところに注目するかという人間の視覚的な特性を検出するようになった。

そして、これらの多くの要素を横断的に分析・処理して出力。これによって、人の目で見たような「自然な美しさ」を実現するとしている。

元来、人間の脳は目に見える景色の中から様々な情報を取り入れて、その場の状況やストーリーなどから、何に注目すべきかを無意識に判別して注視している。一方で、テレビは人のように状況やストーリーを理解することはできない。そこでプロセッサーXRでは独自のアルゴリズムによって注視点を定義し、人間の脳が映像を認識する際のワークフローと同じような形で映像処理を行うのだという。

具体的には、画面上の各点を明るさ、色、動きなどの要素の絶対量や相対量等の視覚的顕著性を検出することと、画面上の顔検出結果を組み合わせて、画面に映る映像の中の注視点をマップ化するといった処理を行っている。

■新プロセッサーは音質向上にも寄与

プロセッサーXRの音声処理においては、搭載された音声処理回路の信号処理の精度を向上させたことに加え、定位感とサラウンド感を向上させるというソニー独自のオーディオ技術を投入。これによって臨場感の向上を図っている。

その信号処理では、高級オーディオにも採用されるDSPを新搭載。これによって従来のテレビよりも高精細な信号処理が行えるようにした。そして、この音声信号を、それぞれのスピーカーに最適な帯域を割り振ることで、定位感の向上を実現したという。

さらに、一般的なコンテンツに多い2chステレオ信号も独自のアップミキサーで、5.1.2chへアップスケーリング可能。3Dサラウンド音源だけでなく、2ch音声でもサラウンド感を向上させられる。

■有機ELパネルの性能を最大限引き出す「XR OLED Contrast PRO」

そのほかの高画質化処理としては、明るくてコントラストのある映像を楽しめるようにするという「XR OLED Contrast」をA80Jが、それよりもさらに上位の「XR OLED Contrast PRO」をA90Jが搭載。

「XR OLED Contrast PRO」では、パネル部に放熱用アルミシートを新たに追加するとともに温度センサーも搭載。温度分布情報と映像情報をプロセッサーXRが横断的に分析/処理することで、有機ELの画素のWRGB全色同時点灯を実現。

こうして有機ELパネル発光性能を高めることで高輝度化を実現し、従来の有機ELパネルよりも明るく、高コントラストな映像を描き出すという。なお、AJ80シリーズの「XR OLED Contrast」はここから放熱用アルミシートと温度センサーを省いたものとなる。

音質面では従来から引き続き、画面そのものを振動させて音を出す「Acoustic Surface Audio+(アコースティック サーフェス オーディオプラス)」を搭載。搭載スピーカーは、A90Jがアクチュエーター2基およびサブウーファー2基の2.2ch(なお、83型のみサブウーファー4基搭載)、A80Jはアクチュエーターが2基と、サブウーファー2基を1組で稼働させる2.1ch構成となる。ただし、A90Jでは画面を振動させるアクチュエーターを大型化、A80Jでは今回からサブウーファーを前向き配置にするなど、それぞれ改善も図られている。

A90Jのスピーカーパーツ。写真はサブウーファー

A90Jではアクチュエーターを大型化

そのほか、スタンドは3通りの設置方法を変更できる3wayスタンドを採用。画面の両端、中央寄り、サウンドバー設置用に画面の高さを上げるという3通りを選ぶことができる。なお、A90Jは83型のみ3wayスタンド、65型と55型は中央寄りポジションを省いた2wayスタンドとなる。

スタンドをセンター寄りで設置したイメージ

サウンドバー設置用に高さを出して設置することも可能

関連リンク

関連記事