サブウーファー搭載で「Acoustic Surfface Audio」も強化

<CES>ソニー、新4K有機ELテレビ「ブラビア A8Hシリーズ」。有機EL初の「X-Motion Clarity」搭載で動きに強く

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2020年01月07日
米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、ソニーは4K有機ELテレビ新モデル「A8Hシリーズ」を発表した。65型と55型の2サイズ展開で、発売時期や価格は現在のところ未定。

ブラビア A8Hシリーズ

同時発表の8K液晶モデル「Z8H」同様に、同社製テレビのフラグシップ機“BRAVIA MASTER Series”(ブラビアマスターシリーズ)が用いている高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。「Pixel Contrast Booster」との組み合わせで、深い黒から明るい部分まで忠実な色再現を可能にし、高コントラストで美しい映像を描き出すとしている。

動きの早い映像をくっきりと描き出すとする「X-Motion Clarity」を、有機ELテレビとして初搭載。これにより、残像感を抑えつつ画面の明るさを確保することで、よりリアリティのある映像表現を可能にしたとアピールしている。また、トリルミナスディスプレイも採用している。

音質面では、画面そのものから出る独自の音響システム「Acoustic Surface Audio」をさらに強化。サブウーファーも搭載することで音質強化を図っている。

新たな「アンビエントオプティマイゼーション」機能も、8K液晶モデル「Z8H」同様に搭載。視聴環境を問わず、画像と音質を最適化するという。

関連記事