HOME > ニュース > <CES>ソニー、新パネル「QD-OLED」搭載4K有機ELテレビ「BRAVIA XR A95K」。色彩輝度2倍

「A90K」「A80K」も

<CES>ソニー、新パネル「QD-OLED」搭載4K有機ELテレビ「BRAVIA XR A95K」。色彩輝度2倍

2022/01/05 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、米国ラスベガスとオンラインで開催されているイベント「CES 2022」に合わせ、同社テレビ“BRAVIA XR”新モデルとして4K有機ELテレビ「A95K」「A90K」「A80K」の3シリーズを発表した。

A95Kシリーズ

「A95K」は65型と55型をラインナップ。「A90K」は48型と42型の2サイズ、「A80K」は77型、65型、55型の3サイズで展開する。

A90Kシリーズ

いずれのモデルも認知特性プロセッサー“XR”を搭載。「A95K」と「A90K」は、クリエイターの制作意図を忠実に再現し、スタジオレベルの画質をユーザーに届けられるモデルであることを表す“BRAVIA MASTERシリーズ”の名も冠している。

A80Kシリーズ

「A95K」は、従来から色彩輝度を最大200%向上させたという新有機ELパネル「QD-OLED」を搭載。今回のシリーズ中で最も広いカラーパレットを活用し、より自然な色表現を行うという「XR Triluminos Max」も備えている。なお「A90K」と「A80K」は「XR Triluminos Pro」を搭載する。

また、3シリーズとも「XR OLED Contrast Pro」を搭載。高いピークと深い黒を実現するという。

Netflix再生時に画質を自動で最適化する「Netflix Adaptive Calibrated Mode」や、購入者向けの映像配信サービス「BRAVIA CORE」に画質を自動最適化する「BRAVIA CORE Calibrated Mode」も搭載。加えて、「Perfect for PlayStation5」テレビとしても認定され、オートDRトーンマッピングとオートジャンル映像モードという2つのPS5専用機能を搭載する。

独自のカメラ「BRAVIA CAM」も新たに搭載し、ユーザーが座っている場所を認識して映像と音声を最適化。ジェスチャーコントロールやビデオチャットなどにも利用できる。また、ユーザーがテレビの前にいないことを認識し、ディスプレイを暗くすることで省電力化も図る。

音質面では従来から引き続き、画面そのものを振動させて音を出す「Acoustic Surface Audio+」を搭載。テレビやサウンドバーと連携する「Acoustic Center Sync」も備えている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク