USB-DACとしても利用可能

FiiO、デュアルDAC/2.5mmバランス搭載のBluetoothレシーバー「BTR5」

編集部:成藤 正宣
2020年01月21日
エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドの新製品として、デュアルDACと2.5mmバランス出力を搭載したBluetoothレシーバー「BTR5」を、1月28日より発売する。価格はオープンだが、税抜14,000円前後での実売が想定される。

FiiO「BTR5」

ヘッドホンアンプと一体化した統合型DACチップ「ES9218P」を2基、左右独立構成で搭載することで、低ノイズ/低歪み、および高出力を実現。また、FPGAにより正確な音声処理と高精度なクロックマネージメントを行い、さらに2系統の水晶発振器により低ジッターを徹底したという。

Bluetoothのチップセットには、高い接続安定性を実現するクアルコム「CSR8675」を採用。BluetoothコーデックはLDAC/aptX HD/aptX/AAC/SBCをサポートする。また、USB-DACとしても使用が可能で、PCMは384kHz/32bit、DSDは11.2MHzのネイティブ再生まで対応する。

2.5mmバランス端子搭載のBluetoothレシーバーとしてだけでなく、USB-DACとしても利用可能

ヘッドホン出力は3.5mmステレオミニ/2.5mmバランスの2系統を搭載。USB端子はType-Cを採用。連続再生時間は最長約9時間(3.5mmステレオミニ出力時)で、フル充電は約1.5時間で可能。

3.5mm/2.5mmヘッドホン出力、USB Type-C端子を採用する

その他、NFCによるペアリング機能、内蔵マイクとcVc8.0による高音質通話、動作状況を表示する有機ELディスプレイなどを搭載する。質量は約43.7g。

関連記事