新デジタルフィルターも追加

FiiO「M7」アップデート、BluetoothレシーバーやUSB-DAC機能追加。HWAコーデックも対応

編集部:小野佳希
2018年11月09日
エミライは、FiiO製オーディオプレーヤー「M7」にBluetoothレシーバー機能やUSB DAC機能を追加するほかHWAコーデックにも対応させるなど、大幅な機能強化を図るファームウェアアップデートの提供を開始した。

M7

アップデートによって、上記のほか、ドロップダウンメニューや3種類の新しいデジタルフィルターの追加、各種不具合修正なども実施。最新ファームウェアは公式サイトの製品サポートページからダウンロードできる。

アップデート内容の詳細は下記の通り。

・Bluetoothレシーバー機能を追加
・USB DAC機能を追加
・ドロップダウンメニューを追加
・Bluetooth送信機能使用時のオーディオコーデックにHWAを追加
・3種類の新しいデジタルフィルターを追加
・楽曲ファイルを削除するオプションを追加
・内蔵ストレージにUSB DACドライバーファイルを追加。M7と接続したコンピューターからは「FiiO driver」として認識される
・USBオーディオ出力時にロックスクリーンを使用するとノイズが発生することがある不具合を修正
・一部のSDカードが正常に読み込みできないことがある不具合を修正
・コンマがファイルパスに含まれる一部の楽曲ファイルがm3uプレイリストから読み込めないことがある不具合を修正
・m3uプレイリストから退出した場合にフォルダーパスを記憶できていない不具合を修正
・楽曲再生中のページで、長いアーティスト名を含む一部のファイルが正しくスクロール表示されないことがある不具合を修正
・一部の楽曲ファイルのトラック名が正しく表示されない不具合を修正
・その他の軽微な不具合を修正

関連リンク

関連記事