USB-DACとしても利用可能

FiiO、aptX HD/LDAC対応のBluetoothヘッドホンアンプ「BTR3」。9,600円前後

編集部:小澤貴信
2018年10月10日
エミライは、同社が取り扱うFiiOのポータブルBluetoothヘッドホンアンプ「BTR3」を10月中旬より発売する。価格はオープンだが、9,600円前後での実売が予想される。

「BTR3」

約26gという軽量かつコンパクトなボディに最新のBluetoothレシーバーおよびDACチップを搭載。有線タイプのイヤホンをワイヤレス化できるポータブルヘッドホンアンプとなる。

Bluetoothのコーデックは、AAC/apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)に対応する。

バッテリー容量は300mAh。1.5時間の充電で11時間の連続再生が可能だ。

BluetoothレシーバーにはCSR製「CSR8675」を採用し、高い接続安定性を実現。DACチップは旭化成エレクトロニクス製「AK4376A」を採用する。

Qualcomm cVc noise cancelling technology対応マイクを内蔵し、BTR3経由での通話が可能。USB Type-Cコネクタ採用で、USB-DACとしても利用できる。

出力は約25mW(32Ω 負荷時)、約33mW(16Ω 負荷時)。外形寸法は約58W×25H×10.4Dmm、質量は約26g。

関連リンク

関連記事