ハーマンインターナショナルとヒビノの出展をレポート

<ヘッドフォン祭>JBL、3種の完全ワイヤレスイヤホンなどアピール/AKG、3年保証付きプロ向けヘッドホン

編集部:小野佳希
2019年04月27日
春のヘッドフォン祭2019が開幕。本稿では、JBLやAKGを扱うハーマンインターナショナル、AKGのプロ向け機器を扱うヒビノの出展をレポートする。

ハーマンインターナショナルのブースではJBLの完全ワイヤレスイヤホンなどを体験可能

■ハーマンインターナショナル

ハーマンインターナショナルは、JBLとAKGのヘッドホン/イヤホン各種を展示。ブースではAKG「N5005」などのハイエンドヘッドホンから完全ワイヤレスイヤホンまで幅広いラインナップを体験することができる。

JBL製品では、接続安定性などの基本性能を向上させた「FREE X」、防水対応のスポーツ向けモデル「ENDURANCE PEAK」、スポーツブランドのアンダーアーマーとコラボした「UA FLASH」といった完全ワイヤレスイヤホン各種などを展示。なおファイルウェブでは下記の2つの記事でこの3モデルをレビューしていうので、ぜひこちらも参考にしてほしい。

ENDURANCE PEAK

これでも音切れしないの? JBLの完全ワイヤレスイヤホン「FREE X」を過酷な実験でテストした
“超多芸多才” 完全ワイヤレスイヤホン、JBL「UA SPORT WIRELESS FLASH」の完成度が凄い!(※ENDURANCE PEAKレビューもあり)

■ヒビノ

AKGのプロフェッショナル向けモニターヘッドホンを取り扱うヒビノ。そのAKGのプロ機では、本日4月27日から発売開始となった、3年保証付きヘッドホン「K553 MKII-Y3」など各種が用意されている。

K553 MKII-Y3(写真手前)など各モデルを体験の可能

「K553 MKII-Y3」は、「K553 MKII」にヒビノ独自の1年保証を加えた3年保証モデル。プロのエンジニアのために原音の再現性を追求したというモデルで、独自のハウジング構造により空気の流れをコントロール、密閉型でありながらオープン型のような透明感のある自然なサウンドを実現したとしている。

そのほか、ブースでは「K275-Y3」「K245-Y3」「K175-Y3」など他モデルも試聴できるようになっている。


春のヘッドフォン祭2019は明日4月28日まで中野サンプラザで開催。なお、イベント2日めの28日には、特売コーナーの全製品が5%オフになる「ファイルウェブ割」を実施。ファイルウェブの「春のヘッドフォン祭2019」関連記事を(この記事含む)表示したスマホを、フジヤエービックの販売スタッフに見せるだけで割引が適用される。

関連記事