スポーツ向け新BTイヤホン「ENDURANCE RUN BT」も

<CES>JBL、ヘッドホン/イヤホン新シリーズ「LIVE」5モデル。うち3機種はGoogleアシスタント/Alexa両対応

編集部:小野佳希
2019年01月11日
米国ラスベガスで開催されているCES2019において、ハーマンインターナショナルは同社が手がけるJBLのヘッドホンやBluetoothスピーカーなど新製品を大量発表。本稿では、ヘッドホン/イヤホンの新シリーズ「LIVE」5モデルと、スポーツ向けシリーズ「ENDURANCE」の新モデル「ENDURANCE RUN BT」についてレポートする。いずれも3月の発売を予定しているという。

LIVEシリーズ

JBLブランドのヘッドホン/イヤホンに、新たなライン「LIVEシリーズ」が誕生。アラウンドイヤー型Bluetoothヘッドホン「LIVE 650BTNC」(199.95ドル)、「LIVE 500BT」(149.95ドル)、オンイヤー型Bluetoothヘッドホン「LIVE 400BT」(99.95ドル)、ネックバンド型Bluetoothイヤホン「LIVE 200BT」(69.95ドル)、Bluetoothイヤホン「LIVE 100」(39.95ドル)をラインナップする。

LIVE 650BTNC

ヘッドホン3機種はGoogleアシスタントAmazon Alexaの両方に対応。スマートフォンアプリ「My JBL Headphones」との連携も対応している。

LIVE 500BT

「650BTNC」はアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。「500BT」と「400BT」は、ボタンやスイッチを押すことで、再生音量を外部の音が聞こえる程度まで瞬時に下げる「トークスルー機能」を装備している(※650BTNCは非搭載)。

LIVE 200BT

LIVE 100

「ENDURANCE RUN BT」は、上記の通りスポーツ向けのシリーズ「ENDURANCE」に加わる新たなBluetoothモデルで、39.95ドルでの発売を予定。防汗仕様を採用し、最大6時間の使用ができる。また、装着していないときに磁石で左右筐体部がくっつく仕様にもなっている。

ENDURANCE RUN BT

関連記事