【特別企画】音切れのメッカ、秋葉原でテスト

これでも音切れしないの? JBLの完全ワイヤレスイヤホン「FREE X」を過酷な実験でテストした

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年11月06日
「この完全ワイヤレスイヤホン、音が切れないので、ぜひ人が多い場所で試してみてください!」

ハーマンインターナショナルの担当者さんからそう言われ、JBLの「FREE X」(ニュース記事)を受け取った。

JBL「FREE X」直販サイト価格 ¥14,880(税抜)

「音が切れないって本当?」と、はじめは当然ながら(?)疑った。

ご存じのように市場では、完全ワイヤレスイヤホンがものすごい勢いで増えている。

完全ワイヤレスイヤホンが出たての頃は、ブチブチと頻繁に切れるものが多かったが、さすがに最近は改善が進み、音切れしにくいものが増えてきた。それでも電波が混み合う場所でテストすると、音が切れる商品が多いのが現実だ。

つまり音切れしにくいことは、完全ワイヤレスイヤホンの商品力を測るうえで、非常に大きなポイントなのだ。だがメーカーさん自ら、過酷な環境で試して欲しいと言ってくるとは、よほど自信があるのだろう。

左右にボタンを装備。音量や再生系操作、音声アシスタント呼び出し、ハンズフリー通話などに対応。IPX 5に対応している

充電ケースに入れたところ。イヤホン本体の連続再生時間は最大約4時間。充電ケースと合わせると最大約24時間のワイヤレス再生が行える

「音切れのメッカ」アキバでテストを開始!

当編集部は、秋葉原駅から徒歩1分のところにある。何しろアキバだから、様々な周波数帯の電波が常に飛び交っている。完全ワイヤレスイヤホンにとって、恐らく一番イヤな場所の一つだろう。今回はそのアキバで、JBL「FREE X」を使って様々な実験を行った。

まずはいきなり、かなり過酷なテストを行った。名付けて「ヨドバシAkibaツアー」。会社から歩いて行えるので、完全ワイヤレスイヤホンをテストする際は、まずこのテストで接続性能を試すことが多い。

とはいえ、実際にやることはシンプルだ。完全ワイヤレスイヤホンを着けて音楽を再生しながら会社を出て、ヨドバシAkibaの店内をぐるぐる周り、戻ってくるだけ。このあいだに何回音が切れたかをカウントする。なお今回のテストでは、スマホにiPhone Xを使った。

それでは、FREE Xでテストスタートだ。ヨドバシAkibaに入ると、いきなり難所がやってくる。1Fの携帯電話販売コーナーである。スマホにBluetooth機器がつながっている場合も多く、Bluetoothの2.4GHz帯が混雑しているのだろう、この段階で音が切れ出す製品も多い。だがJBL「FREE X」は、この第一の難所をなんなくクリアした。

いざ、ヨドバシAkibaに突撃!

次はPCやタブレットが並んでいるゾーンを歩いていく。ここも多くの電波が飛び交っており、完全ワイヤレスイヤホンにとっては過酷な条件に違いない。だが、FREE Xが再生する音楽に、一切乱れは見られない。何事もなかったように、安定して再生を続けている。頼もしい限りだ。

いったいどうすれば音が切れるのか? 様々なテストを敢行

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事