「N200 WIRELESS」新カラーも

Galaxy、AKGの新ノイキャンBTヘッドホン「N700NCM2 WIRELESS」/BTイヤホン「N200NC WIRELESS」など発表

編集部:押野 由宇
2019年11月19日
Galaxyは、オーディオブランドAKGの新製品として、ワイヤレスヘッドホン「N700NCM2 WIRELESS」、およびワイヤレスイヤホン「N200NC WIRELESS」「N200A WIRELESS」、そして「N200 WIRELESS」の新色ブルー・グリーンモデルを、11月26日より順次販売する。取扱はGalaxy Harajukuや全国の家電量販店、主要ECサイトなど。

N700NCM2 WIRELESSはAKGブランドの新モデルとしてリリースされるワイヤレスヘッドホン。周囲の雑音を低減させるハイブリット方式ノイズキャンセリング機能を搭載するとともに、AKG Headphoneアプリ対応により、外の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能とトークスルー機能の切り替えが行える。

「N700NCM2 WIRELESS」

本体には合成皮革製の低反発イヤークッション、パッド付きの調整可能なヘッドバンド、メタル調ヘッドバンドスライダーとアルミニウムボタンなどを採用し、細部パーツにまでデザインと快適性を追求した。

バッテリーはBluetoothオン/ノイズキャンセリング機能オンで最大約23時間の音楽再生を実現。ノイズキャンセリング機能のみオンの場合は最大32時間の再生が可能となっている。

ほか、端末連携機能で同時に最大2台のデバイスとBluetooth接続が可能になり、音楽再生中にもう1台のスマートフォンで電話着信を受けることができる。Bluetoothは4.2をサポートし、インピーダンスは16Ωで、再生周波数特性は10Hz - 20kHz、感度は110dBSPL/1mW @1kHz。質量は約277g。

N200NC WIRELESSはアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したネックバンドタイプのBluetoothイヤホン。再生している音楽のボリュームをほとんど消すと同時にマイクで外の音を取り込むトークスルー機能、再生音楽のボリュームを下げて環境音を取り込むアンビエントアウェア機能も採用する。

「N200NC WIRELESS」

人間工学に基づいてデザインされたソフトネックバンドにより長時間使用しても疲れにくい快適性を実現。ネックバンドの前面に有線オーディオケーブル端子を配置しており、付属のオーディオケーブルと機内用フライトアダプタを使用して機内エンターテインメントを楽しむことができる。

インピーダンスは16Ω、再生周波数特性は10Hz - 20kHz。バッテリーはBluetoothオン/ノイズキャンセリング機能オンの状態で最大約12時間、ノイズキャンセリング機能のみオンの場合は最大16時間稼働する。Bluetoothは4.2をサポート。

N200A WIRELESSはIPX7の防水性能を備えたBluetoothイヤホン。雨や汗を気にすることなく使うことができるほか、反射素材使用のファブリックケーブルによりナイトラン時などの安全も確保。スポーツシーンでの使用も想定したモデルとなっている。

「N200A WIRELESS」

使用しない時はイヤホン本体に内蔵のマグネットで左右イヤホンを留めて首にかけることができ、マイク付き4ボタンユニバーサルリモコンの使用で音楽再生や通話をコントロール可能。最大再生時間は約8時間で、10分間の充電で約1時間再生できる急速充電に対応する。

インピーダンスは24Ω、再生周波数特性は10Hz - 22kHz。XS/S/M/Lサイズのイヤーチップのほか、S/M/Lサイズのウイング付スタビライザーを付属する。

N200 WIRELESSはAKGブランド初のBluetoothイヤホンとして2018年5月に発売されたロングセラーモデル。ファブリックケーブルを採用するほか、装着感を高めるウイング付イヤーフック構造を採用するなど、持ち運びや普段遣いに配慮した設計がなされている。

「N200 WIRELESS」(ブルー)

この度、従来から展開するブラックに、ブルーとグリーンがカラーバリエーションに追加。全3色での展開となった。

「N200 WIRELESS」(グリーン)

関連記事