着けたまま会話できるトークスルー機能を搭載

JBL、UNDER ARMOURコラボ「UA SPORT WIRELESSシリーズ」から、初のヘッドホンなど3モデル

編集部:成藤 正宣
2018年11月08日
ハーマンインターナショナルは、JBLとアスリート向けアパレルブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」がコラボレーションしたBluetoothヘッドホン/イヤホン「UA SPORT WIRELESSシリーズ」の新製品として、ヘッドホン1モデル、イヤホン2モデルを11月22日より発売する。

ラインナップ
・「UA SPORT WIRELESS TRAIN」:オープン価格(直販価格19,880円/税抜)

「UA SPORT WIRELESS TRAIN」

・「UA SPORT WIRELESS REACT」:オープン価格(直販価格14,880円/税抜)
・「UA SPORT WIRELESS PIVOT」:オープン価格(直販価格14,880円/税抜)

「UA SPORT WIRELESS REACT」

「UA SPORT WIRELESS PIVOT」

いずれのモデルも、ボタンやスイッチを押すことで、再生音量を外部の音が聞こえる程度まで瞬時に下げる「トークスルー機能」を搭載する。トレーニング中にインストラクターと話をする際など、着け外しすることなく一時的な会話ができる設計となっている。また、UNDER ARMOURが提供するランニングアプリ「Map My Run」のプレミアムメンバーシップを1年間無料で利用できるクーポンコードを同梱する。

アスリートのトレーニングにも耐えられる、スポーツ向けBluetoothヘッドホン/イヤホンとして設計されている

「UA SPORT WIRELESS TRAIN」は、40mm径のドライバーを搭載した「UA SPORT WIRELESS」初のオンイヤー型ヘッドホン。アスリートの意見を各所に取り入れており、トレーニングでも気兼ねなく使えるようデザインされている。

アスリート向けらしく、激しいトレーニングにも耐えられる素材/デザインを採用する

筐体はシリコン素材などを多用し、折り畳みが可能。柔軟で装着感が良く、IPX4規格にも準拠し傷や汗に強い。また操作ボタンは一般的なBluetoothヘッドホンより大きめとなっている。

イヤーパッドには、アパレルでも使用されている軽量/速乾/高耐久のメッシュ素材「SuperVent」を採用。使用後、取り外してまるごと水洗いも可能となっている。1ボタンのリモコンマイクが搭載されたケーブルも付属し、バッテリー切れなどの際に有線ヘッドホンとしても使用できる。

BluetoothはVer 4.1、コーデックはSBCに対応。連続再生時間は最長16時間で、約5分の充電で約1時間使用できる急速充電機能を搭載する。質量は約240g。

「UA SPORT WIRELESS REACT」「UA SPORT WIRELESS PIVOT」は、ハウジングにアルミ素材を採用し、高級感と耐久性を両立したBluetoothイヤホン。UA SPORT WIRELESS REACTは一般的なイヤホンであるストレート型、UA SPORT WIRELESS PIVOTは耳掛け型のデザインとなっており、それ以外の使用は同等。ドライバーは5.8mm径のダイナミックドライバーを搭載する。

アルミ素材で高級感や耐久性を持たせており、マグネットなどの機能性も備える

激しい動きでも本体が耳から脱落しないよう、装着感と密閉感を高めるウイング付スタビライザー/イヤーピースが付属。非使用時にハウジング同士をくっつけておけるマグネットを内蔵する。ケーブル部は断線しづらく取り回しに優れるファブリック被覆を採用。衣服に固定するためのネッククリップも同梱している。防水はIPX7に準拠し、雨の日の着用にも対応する。

また、トークスルー機能とは別に、環境音を聞き取りやすくすることで安全に屋外で活動できる「アンビエントアウェア機能」を搭載。リモコンマイク部のボタンを1度押すことでトークスルー機能が、2度連続で押すことでアンビエントアウェア機能のオン/オフが可能となっている。

リモコンマイクのボタン操作によりトークスルー/アンビエントアウェア機能が操作可能

BluetoothはVer 4.1、コーデックはSBCに対応。連続再生時間は最長9時間。質量は約22g。

関連リンク

関連記事