エントリーからハイエンドまで実力を引き出す

Shure、Bluetoothケーブル第2弾「RMCE-BT2」。独自アンプ+aptX HD対応で音質大幅強化

編集部:川田菜月
2018年10月26日
完実電気は、同社が取り扱うShureより、独自設計のヘッドホンアンプを搭載したBluetoothケーブル「RMCE-BT2」を本日10月26日に発売する。価格は18,800円(税抜)。

「RMCE-BT2」

RMCE-BT2は、Shureのイヤホン「SEシリーズ」向けに開発されたBluetoothケーブル。イヤホン側にMMCX端子を備えており、SEシリーズ以外のMMCX採用イヤホンにも使用できる。

イヤホン側にMMCX端子を装備

BluetoothはVer.5.0で、コーデックはSBCに加えて、新たにAAC/aptX/aptX HD/aptX Low Latencyと高音質コーデックもサポートする。マルチペアリング、2台までのマルチポイントにも対応する。

操作リモコンも備える

Shure独自設計の高性能・高出力なプレミアムヘッドホンアンプを搭載して音質向上を図ったとしており、SEシリーズの「SE846」「SE535」といったハイエンドイヤホンのパフォーマンスも最大限発揮させることができるという。アンプ部のTHD+Nは0.02%(aptXTM HD使用時)、周波数特性は10Hz - 22kHz±0.5dB。

Shure独自設計の高性能・高出力なプレミアムヘッドホンアンプを搭載

SEシリーズの「SE846」「SE535」といったハイエンドイヤホンの性能を忠実に引き出すとしている

約2時間の充電で、最大10時間の連続再生が可能。また15分間の充電で1.5時間使用できるクイックチャージ機能にも対応する。ケーブル長は73.7cm、質量は18g。

圧倒的な音質向上。SE846などハイエンドイヤホンの性能も忠実に引き出す

Shure Japanは、メディア向けに新製品発表会を開催。Shure本社から、イヤホン・ヘッドホンカテゴリーの開発担当者であるショーン・サリバン氏とトーマス・バンクス氏が登壇し、RMCE-BT2の開発コンセプト・技術について紹介した。

イヤホン・ヘッドホンカテゴリーの開発担当者であるショーン・サリバン氏(写真右)とトーマス・バンクス氏(写真左)が登壇

一般的なワイヤレス製品では、小コスト・省電力での駆動を目的とし、通信基板とヘッドホンアンプが一体化したチップセットを採用するケースが多いが、RMCE-BT2では外付けで独自設計のヘッドホンアンプを搭載している点が大きな特徴。使用パーツの選定や配置、ネットワーク、そして音質チューニングをShureで設計することで「圧倒的な音質向上を図った」という。

使用パーツの選定や配置、ネットワーク、チューニングをShureが独自に設計

「圧倒的な音質向上を図った」とアピールした

ショーン氏はワイヤレスの音質向上に重要なファクターとして、レコーディング品質/再生ソース/音源の解像度やコーデック、DAC性能/ワイヤレスアンテナ/電源・電池/イヤホン本体/ヘッドホンアンプを挙げ、これらを車の各部分に例えながら説明。ヘッドホンアンプは「エンジン」にあたるとし、「ヘッドホンアンプの性能が最も大事なファクターだと捉えている。SEシリーズの特にハイエンドなモデルの性能を、ワイヤードと変わらず発揮できるようにするには、音質向上に重要なアンプ部分は自分たちで設計すべきだと考えた」と語った。

ワイヤレスの音質向上に重要なファクターを車にたとえて説明

これにより、「イヤホンが持つ本来の周波数特性を忠実に再現する」とアピール。インピーダンスを低く抑えたことで、SE846などの低インピーダンスのイヤホンも駆動しやすく、また電圧および出力効率も最適化。ワイヤレスでも低ノイズ・低歪率を実現し、エントリーからハイエンドまであらゆるイヤホンを有線接続と同様のレベルで鳴らすことができると自信を見せた。

SE846などの低インピーダンスのイヤホンも駆動しやすいとしている

なお、RMCE-BT2ではクアルコムのBluetoothチップセットを採用しているとのこと。DAC部分については「クアルコムのチップはハイエンドイヤホンにも対応する高性能なDACを積んでいるので、その性能を活かして使用している」とした。

昨年10月に発売されたShure初のBluetoothケーブル「RMCE-BT1」では、BluetoothはVer.4.1を搭載し、対応コーデックはSBCのみだった。第二弾モデルとなるRMCE-BT2では、BluetoothはVer.5.0に対応。前述したようにコーデックもSBCに加え、AAC/aptX/aptX HD/aptX LLなどの高音質コーデックにも対応する。

仕様の詳細

対応コーデックについて、前モデルの発売当初から、aptX対応を望む声は多かったという。上述の説明にもあるように、ワイヤレス製品の音質はコーデックによって決定づけられるわけではないとしつつも、当時すでにRMCE-BT2の開発も始まっており、歯がゆい思いをしていたとのこと。本製品の発売により、そうしたユーザーの要望にも応えたかたちだ。

なおLDAC対応については未定とのこと。RMCE-BT2においても、ファームウェア・アップデートでの対応などは現時点で予定はないとした。今後の予定については「コーデックも種類が増えている。市場から求める声が高ければ、次の製品開発の際に採用する事も検討したい。期待していて欲しい」と語った。

また、高性能ヘッドホンアンプを採用したことで消費電力も上がり、これに伴ってバッテリー容量を増やしたことで、質量は従来から4g増加している。この点については、「通常ワイヤレス製品では軽量・省電力を重視しているが、Shureとしては今回“音質”を最重要視して開発した」と説明。実際装着してみても、約18gの質量は重さを感じるほどではなく、装着性やポータビリティーは確保されている。

アンプ部はクリップがついていて、ショーン氏のようにシャツなどに装着することも可能だ

SEシリーズのさらなる可能性を追求、コンシューマー製品をさらに拡大

同社はBluetoothケーブルの他にも、Lightning端子やUSB Type-Cなど、様々なケーブル製品を多数開発している。こうしたケーブル製品展開について、ショーン氏は「SEシリーズイヤホンのさらなる可能性を拡げるため」だという。

ユーザーの使用環境に合わせた使い方ができる

ケーブル製品のラインナップは、トーマス氏が紹介した

もともとShureのイヤホンは、インイヤーモニターシステムの付属品として97年に登場した「E1」に始まり、装着性や密閉性を高めたデュアルドライバー搭載の「E5」など、主にプロシューマー向け製品を展開。コンシューマー向けには、2006年に現行シリーズの原型となるSEシリーズを登場させ、ケーブルを取り替えてマイクの取り付けを実現するなど、イヤホンのモジュラー化に取り組んできたと振り返る。

SHUREイヤホンの歴史

SEシリーズは2010年に登場し、イヤホンを長く使ってもらいたいという思いからMMCX端子を採用。「いち早くMMCX端子を採用してリケーブル化したことで、ユーザーは断線時に手軽に交換できるのはもちろん、好みのケーブルとイヤホンを組み合わせられるようになった。さらにケーブル製品によって様々な接続オプションに対応することで、年々進化する再生側デバイスにも追従できる。これはSEシリーズの最大の特徴でもある」と語った。

SEシリーズイヤホンを長く愛用してほしいと考え、Bluetoothの他にもLightning端子やUSB Type-Cを搭載したリケーブルも発売。時代の進化に合わせた開発を行っている

また同社は、2017年10月にRMCE-BT1とShure初のBluetoothイヤホンを発表し、今年4月にはコンデンサー型イヤホン「KSE1200」、そして今回のRMCE-BT2発売と、この一年間で3つのコンシューマー製品を展開。またイヤホンのパッケージも刷新している。

イヤホンのパッケージも刷新した

Shure Japan シニアマーケティングマネージャーの石原安紀子氏は、「コンシューマー製品を立て続けに発表するというのは、これまでになかったこと。もっと市場の期待に応えていきたいと考え、コンシューマー製品の開発に熱心に取り組んでいるということ」と説明した。

関連記事