音質・デザイン・機能をブラッシュアップ

Dearear、防水性能をIPX7に高めたBluetoothイヤホン「Buoyant II Wireless Bluetooth」

編集部:平山洸太
2018年10月24日
モダニティ(株)は、同社が取り扱うDearearのBluetoothイヤホン「Buoyant II Wireless Bluetooth」を10月下旬から発売する。価格は9,698円(税込)で、チャコールブラック、ネイビー、シルバーホワイトの3色がラインナップされる。

「Buoyant II Wireless Bluetooth」(チャコールブラック)

前モデルである「Buoyant」(関連ニュース)から価格を据え置きながらも、音質・デザイン・機能のブラッシュアップが施されたBluetoothイヤホン。Bluetoothコーデックは従来のSBC、aptXに加え、新たにAACに対応した。

「Buoyant II Wireless Bluetooth」(ネイビー)

「Buoyant II Wireless Bluetooth」(シルバーホワイト)

ドライバーは6mm径のダイナミック型で、ネオジムマグネットが使用される。サウンドの再チューニングにより、ハリハリのある低音とナチュラルな中高音を実現したという。

IPX7に対応し、ジムやジョギングなどのスポーツにも最適とする。またハウジングにはマグネットクリップを搭載した。

ハウジングにはマグネットを内蔵

連続再生時間は6時間で、スタンバイ時間は150時間。ケーブルにはマイク付きの3ボタン式リモコンが搭載され、音声アシスタント、ハンズフリー通話にも対応する。

使用イメージ

周波数特性は20Hz - 20kHz、インピーダンスは16Ω、感度は94dB。Bluetoothの対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP。シリコンイヤーピース(S/M/L)、充電用microUSBケーブル、缶タイプケース、マニュアルが付属する。

関連リンク

関連記事