オーディオ再生用の据え置き型モデル

FENDER、ツイード仕様ギターアンプのデザインを踏襲したBluetoothスピーカー「MONTEREY TWEED」

編集部:川田菜月
2018年10月23日
(株)アユートは、同社が取り扱うFENDERブランドより、オーディオ再生用の据え置き型Bluetoothスピーカー「MONTEREY TWEED(モントレーツイード)」を11月から発売する。

「MONTEREY TWEED」

・「MONTEREY TWEED」 ¥OPEN(予想実売価格58,280円前後)

昨年発売されたBluetoothスピーカー「MONTEREY(関連ニュース)」のバリエーションモデル。フェンダーの培った技術と経験の粋を集め、高出力で妥協の無いプレミアムなサウンドを家庭のリビングで楽しめるよう開発されました。製品名「MONTEREY TWEED」の“MONTEREY”は、ジミ・ヘンドリックスやサイモン&ガーファンクルなどが出演した伝説のロックフェスティバルが由来とのこと。

Bluetoothスピーカー「MONTEREY」の新バリエーションモデル

従来モデルではフェンダーのギターアンプ「’68 Custom amplifier」シリーズのデザインを採用しているが、MONTEREY TWEEDではアンティークな外観が特徴のツイード仕様フェンダーギターアンプを踏襲。フロントグリルやコントロール部のハットノブ、ジュエルランプなど、インテリア性にも優れたデザインに仕上げている。

ジュエルランプは赤色(従来モデルは青色)。アンプ製品のデザインを踏襲してインテリア性も高い外観に仕上げている

内部にはフルレンジスピーカーとウーファーを各2基ずつ搭載、最大出力は120W。タイトでパワフルなサウンドを実現するとしている。コントロール部はボリューム/トレブル/ベースの調整が可能。また背面に備わっている「Sharp」スイッチを押すことで、トレブルとベースを強調してさらに迫力あるサウンドを楽しめるとのこと。

従来同様、電源を入れた時やBluetoothのペアリングが完了した時などのお知らせ音にはギターサウンドを採用する。外部入力にはAUX IN、RCA入力端子を装備する。

RCA入力はリアに配置

Bluetooth バージョンはVer 4.2を搭載、プロファイルはA2DP、コーデックはSBC/AAC/aptXをサポート。電源ケーブル、3.5mm オーディオケーブル、RCA オーディオケーブルを付属する。外形寸法は34.0W×24.2H×13.2Dcm、質量は約6.8kg。

関連記事