ヘッドフォン祭に今後取り扱い予定の新製品展示

HIDIZS製品の国内取り扱いがリエイゾンから飯田ピアノに移管

編集部:小野佳希
2018年10月24日
HIDIZSブランド製品の日本での取扱元が、リエイゾンから飯田ピアノに11月1日より移管されることが発表された。


kuradaブランドでヘッドホンなどを展開する飯田ピアノが、HIDIZS TECHNOLOGY CO., LTD. の日本国内総輸入代理業務を開始。従来輸入業務を執り行っていたリエイゾンの輸入代理業務は2018年10月31日をもって終了し、過去に販売されたHIDIS製品のサポートなども2018年11月1日以降全ての業務を飯田ピアノが引き継ぐ。

飯田ピアノでは、今後新たに取扱いを開始する予定の各製品については、2018年中の発売開始を予定していると説明。取扱予定の製品詳細につきましては、別途プレスリリースにて案内するとしている。 なお、今週末10月27日・28日に行われる「秋のヘッドフォン祭」にて、取扱い予定の新製品を参考展示するという。

関連リンク

関連記事