チューナー非搭載モデルも

シャープ、世界初の8Kチューナー内蔵テレビ“AQUOS 8K”。80/70/60型の3サイズ

編集部:平山洸太
2018年10月15日
シャープは、世界初の8Kチューナーを内蔵した8K液晶テレビ“AQUOS 8K” 4製品を11月17日に発売する。

“AQUOS 8K”

80型「8T-C80AX1」:¥OPEN(予想実売価格2,000,000円前後)
70型「8T-C70AX1」:¥OPEN(予想実売価格1,000,000円前後)
60型「8T-C60AX1」:¥OPEN(予想実売価格750,000円前後)
60型(4K8Kチューナー非搭載)「8T-C60AW1」:¥OPEN(予想実売価格500,000円前後)

本製品は、12月1日から開始される新4K8K衛星放送に向けたもの。テレビの発表と同時に「AQUOS 8K HDD」「AQUOS オーディオ」「AQUOS 8Kチューナー」といった8Kに対応する周辺機器も発表された。今回の発表により、先日発表された4Kシリーズ(4Kテレビ4Kレコーダー4Kチューナー)とあわせて「新4K8K放送に全面対応した」と同社はアピールしている。

新4K8K衛星放送に対応するラインナップ

8K製品を展開

今年9月に行われたIFAで先行して発表されていたが、今回その価格や発売日などが決定したかたち(関連ニュース)。また今製品は、同社が2017年12月に発売した8K液晶テレビ「LC-70X500」の第2世代目にあたる。

8T-C80AX1

基本的な性能は共通だが、機種ごとにより細かく異なり、特に80型モデルは一番性能の良いものに仕上がっているという。また、60型モデルの2機種のみスイーベルに対応する。

チューナーは、BS 8K・BS 4K・CS 4K×2、地上デジタル/BS/CS×3(8T-C60AW1は地上デジタル/BS/CS×3のみ)を搭載。USBでHDDで接続することにより録画もできる。録画は地上デジタル/BS/CSのみ2番組同時録画が可能で、4K録画は裏番組録画にも対応する。また8K番組の裏番組録画も機能的には行えるが、当初8K放送を行うのはNHKのみなので、カタログなどでは8Kチューナーの数を「1」と表記している。なお8K録画は「AQUOS 8K HDD」と接続することで行える。

リモコン

「4K/8K」のボタンが付いている

現状では8Kに対応した入力端子を持たないが、後日のアップデートによりHDMIケーブル1本での入力に対応する予定。そして4K8Kチューナー非搭載モデルの8T-C60AW1には、HDMIケーブル4本を使用する8K入力端子を備える。

パネルには、8K(7,680×4,320)で120Hz駆動可能な液晶パネルを採用。、視野角は176度。このパネルは新開発のもので、開口率が高い。70型・60型モデルには「UV2A液晶」、 80型モデルにはUV2A液晶をさらに改良した「UV2AII液晶」を採用する。加えてバックライトに使用する直下型LEDを、「メガコントラスト」技術によって部分駆動することで、さらなる画質向上を図った。これにより80型モデルでは、従来の4倍の輝度を達成し、明るく切れの良い画質が表現できると説明した。また色域も従来から向上。新しいカラーフィルターや蛍光体を用いることで、人の目が鮮やかさを感じやすいという赤色の再現力が向上、これにより従来から色域が17%(80型)拡大したという。

倍速液晶

より高輝度・広色域に改良

そのほかHDRは、新4K8K衛星放送などで使用されるHLGと、UHD BDなどで使用されるHDR10に対応。またパネルには低反射の「N-Blackパネル」が用いられている。

映像エンジンには、新開発の8K画像処理エンジン「AQUOS 8K Smart Engine Pro」を採用。これにより8K倍速(120Hz)の補間表示が行えるほか、2Kや4K映像の精細感を推測・復元するという「8K精細感復元アップコンバート」を搭載した。またこれとあわせて「8Kリアリティ復元アップコンバート」も搭載。アップコンバート後に元の素材の形状が再現されない場合があるというが、この機能により形状を推測し、理想的に復元することができるという。ノイズを低減する「8K 3Dノイズリダクション」も備える。

新開発の8K画像処理エンジン「AQUOS 8K Smart Engine Pro」

同社のAIoTサービス「COCORO VISION」にも対応。先日発表された4Kモデル(関連ニュース)と同じものが搭載されており、新しく追加された「COCORO CALENDAR」にも対応している。

リモコン下部にはCOCORO VISIONなどのボタンや、Googleアシスタントのボタンが確認できる

COCORO VISIONは、よく見るテレビ番組や視聴する時間帯などを分析・学習し、好みの番組やビデオ作品を見つけて知らせたり、テレビに近づくことで人感センサーが検知、自動的に電源が入りCOCORO VISONを起動する、といったことができる機能。

COCORO CALENDARは、家族のスケジュールをテレビ画面で共有できるカレンダーで、リモコンボタンから起動し、スケジュールの入力もリモコンマイクから行うことができる。スマートフォン向けカレンダーアプリ「ジョルテッシモ」を使用すると、スマートフォンからでもスケジュールを確認できるほか、明日のスケジュールをリマインドするなどのAI連携にも対応する。

またCOCORO VISONと連携する動画配信サービス「COCORO VIDEO」に加え、音楽配信サービス「COCORO MUSIC」とゲーム配信サービス「COCORO GAME」に対応。外出先でビデオや音楽が楽しめるスマートフォンアプリも利用できる。

ほか、Andorid TVのAndroid 8.0 Oreoを搭載しており、音声で番組の検索や操作ができるGoogleアシスタントに対応している。なおこれらのサービスやEPG、メニューなどのインターフェースは8K用には作られておらず、4K表示をアップコンバートして使用される。

8T-C80AX1の厚さ

スピーカーは、トゥイーター×2、ミッドレンジ×2、サブウーファー×2(8T-C60AW1はサブウーファー×1)の構成で、最大出力70W(8T-C60AW1は55W)となる。20度の傾斜構造になっており、これによりテレビの前・上方、中央の音場再生エリアを拡大、自然で聞き取りやすく、臨場感豊かに楽しめるとした。

8T-C80AX1の外形寸法は181.0W×113.2H×44.0Dmm(スタンド含む)で、質量は約62.0kg(スタンド含む)。また消費電力は約825W。8T-C70AX1の外形寸法は156.2W×99.3H×44.0Dmm(スタンド含む)で、質量は約51.0kg(スタンド含む)。消費電力は約536W。また8T-C60AX1の外形寸法は135.4W×87.4H×44.0Dmm(スタンド含む)で、質量は約40.5kg(スタンド含む)。消費電力は約526W。8T-C60AW1の外形寸法は135.4W×87.4H×44.0Dmm(スタンド含む)で、質量は約38.5kg(スタンド含む)。消費電力は約480W。

インターフェースは全モデル共通(USB端子の数のみ異なる)で、HDMI×5、AV入力(φ3.5mmミニジャック)×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン端子×1、USBメモリー用端子×1、録画HDD用USB端子×2(8T-C60AW1は1つ)、LAN端子×1。Wi-FiとBluetoothに対応する。付属品は、B-CASカード、リモコン、リモコン用乾電池、転倒防止ベルト。

関連記事