4TB/2TBの2モデル

シャープ、新4K衛星放送を4K画質で視聴/録画/ダビングできる「AQUOS 4Kレコーダー」

編集部:押野 由宇
2018年09月27日
シャープは、 BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵し、新4K衛星放送の視聴と録画、ブルーレイディスクへのダビングに対応した「AQUOS 4Kレコーダー」2モデルを、11月24日より発売する。

・4TB HDD搭載「4B-C40AT3」¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)
・2TB HDD搭載「4B-C20AT3」¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)

「4B-C40AT3」

「4B-C40AT3」

本体にはBS4K・110度CS4Kチューナー1基とBS・110度CSデジタルチューナー3基を内蔵しており、2018年12月から開始予定の新4K衛星放送が4K対応テレビで視聴可能。また、4TBハードディスク搭載機であれば、4K放送を4K高画質のまま約262時間録画できるほか、録画した4K番組は、そのままブルーレイディスクへのダビングが行える。なお、3層100GBのブルーレイディスクに約6時間20分の4K録画が可能だ。

4Kチューナーを搭載

プレーヤー機能としては、Ultra HDブルーレイ(UHD BD)の再生が可能。そのため、4K、HDR、BT.2020といったUHD BD規格の要件に対応する。さらにHLGに対応していないテレビでもHDR映像が楽しめる「HLG→HDR10変換」機能を搭載。

「HLG→HDR10変換」の機能イメージ

UHD BDの再生に対応する

また4Kテレビに適した文字フォントを採用し、細かな文字も見やすく高精細で表示。番組説明の画面などでは番組や出演者の情報を画像付きで表示する「4Kビジュアル番組表」を搭載し、より快適な番組検索を可能とした。

「4B-C20AT3」

両機のリモコン

さらに、連続ドラマが手間無く録画できる「ドラ丸」機能や、 BDドライブ内部へのチリやホコリなどの侵入を防ぐ耐塵対策と、光学性能の改善により耐久性を高めた「ホコリシールドBDドライブ」なども搭載する。

ほか、同社製レコーダーに録画した番組を本機にダビングできる「買換えお引っ越しダビング」機能や、録画した番組を手軽に引っ越しできる「SeeQVault」への対応を実現している。

両機種ともに外形寸法は430W×65H×229Dmmで、質量は約3.3kg。入出力端子として、HDMI出力×2、USB×2(データ送受信用×1/外付けHDD用×1)、LAN×1、アンテナ入力×1、アンテナ出力×1を搭載。無線LANを内蔵する。

関連記事