容量は8TB

シャープ、8K録画用ハードディスク「AQUOS 8K HDD」。8K放送を170時間録画可能

編集部:平山洸太
2018年10月15日
シャープは、8K放送の録画に対応したUSB-HDD“AQUOS 8K HDD”「8R-C80A1」を11月17日に発売する。価格はオープンだが、13万円前後での販売が予想される。

「8R-C80A1」

AQUOSの8Kテレビ「8T-C80AX1」「8T-C70AX1」「8T-C60AX1」や8Kチューナー「8S-C00AW1」と接続することで録画を行うことができる。現状では本製品のみが8K録画対応のHDDとなっており、他社のHDDを使用して録画することはできないとのこと。

容量は8TBで、8K放送(約3,300万画素/転送レート100Mbps)の録画では約170時間、BS4K・110度CS4K(33Mbps)では約520時間の録画が行える。

背面

内部にハードディスクを2基搭載し、分散処理を行うことで、高速処理を図った設計を施している。これにより、録画中に別の8K番組を録画したり、8Kでの追いかけ再生を行うことを可能にしている。

3mの長いUSBケーブルを同梱しており、80型の「8T-C80AX1」とも余裕を持って設置することが可能としている。

本体の外形寸法は430W×58H×232Dmm、質量は3.6kg、消費電力は約12W。背面にはUSB Type-Bを備える。

関連記事