発売前に8K映像を体験できる

シャープ、ホワイトサカスに8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」を展示

編集部:押野 由宇
2017年11月21日
シャープは、東京都港区赤坂のTBSサカス広場にて行われる「White Sacas(ホワイトサカス)」の屋外スケートリンク横に、体感ブース「AQUOS WORLD」を期間限定で設置。11月23日から12月26日まで、8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』、AIoT対応液晶テレビ『AQUOS 4K』、スマートフォン『AQUOS R』などの展示を開始する。

「AQUOS WORLD」イメージ

AQUOS 8Kは、8K高精細液晶パネルを民生用液晶テレビに初めて採用したモデル(関連ニュース)。12月1日の発売に先駆け、8K映像を体感できる展示をスタートさせる。

用意されるのは70V型 8K対応液晶テレビ「LC-70X500」のほか、AIoT対応テレビ「LC-60UH5」「LC-60US5」。またスマートフォン「AQUOS R」「AQUOS R compact」「AQUOS sense」や、「RoBoHoN」も設置。ブース横の特設ステージでは、「RoBoHoNとの撮影コーナー」も用意される。

また同じく特設ステージでは「吉本芸人によるイベント」を、期間中の土・日・祝日13:00〜14:00で開催する(12月16日、17日を除く)。

【展示の詳細】
●開催場所:TBSサカス広場(東京都港区赤坂)「White Sacas」
●展示期間:11月23日〜12月26日
 平日 12:00〜21:00
 土・日・祝日 11:00〜21:00
 12月24日 11:00〜24:00

関連記事