MusicCastによるネットワーク再生にも対応

ヤマハ、2.1chサウンドバー「MusicCast BAR 400」。デジタルアンプ「DDFA」初搭載

編集部:小澤貴信
2018年06月26日
ヤマハは、最新のMusicCast機能を搭載し、Qualcomm社のデジタルアンプ「DDFA」を内蔵した2.1chサウンドバー“MusicCast BAR 400”「YAS-408」を10月中旬に発売する。価格はオープンだが、6万円台を想定している。

“MusicCast BAR 400”「YAS-408」

同時発表されたMusicCast 50/20などと同様に、新MusicCast機能を搭載したサウンドバー。サウンドバー部とワイヤレスサブウーファー部による2.1chシステムとなる。HDMI端子は1入力・1出力を搭載。その他、光デジタル入力、3.5mmステレオミニ入力、イーサネット(有線LAN)を備える。

サウンドバー部のアンプには、Qualcomm社のデジタルアンプデバイス「DDFA」を搭載する。DDFAはデジタル領域で高速かつ高精度なフィードバック処理を行うことが特徴で、Hi-Fiオーディオ機器でも採用実績のあるデジタルアンプ。「サウンドバーへの採用はおそらく初めて」(ヤマハ説明員)とのこと。なお、ヤマハ製品にDDFAが採用されたのも本機が初となる。本機に搭載されたのは、1チップ構成の最新世代(第2世代)DDFAとなる。

テレビと組み合わせたところ

片chあたり2基のウーファー、1基のトゥイーターを搭載

サウンドバー部には、46mmウーファー2基と25mmトゥイーター1基を左右それぞれに搭載。ワイヤレスサブウーファーは160mmユニットを搭載する。実用最大出力はサウンドバー部が100W、サブウーファーが100Wとなる。

高さ方向を含むイマーシブオーディオをバーチャルに再現する「DTS Virtual:X」による3Dサラウンド再生に対応。また、本機能および5.1chバーチャルサラウンドをオンにしている際にも、「MusicCast CONTROLLER」アプリから音声プログラム(映画・音楽・ゲーム・スポーツ・TV番組)を選択できる。

DTS Virtual:Xに対応。MusicCastアプリから切替が行える

「DTS Virtual:X」適用時のサウンドモード切替にも対応

そのほかクリアボイス機能、バスエクステンション機能、ミュージックエンハンサーなどの音質調整機能も備えている。

HDMI入力は4K/60pおよびHDCP2.2に対応し、UHD BDの再生にも対応。Dolby VisionとHybrid Log-Gammaを含むHDR伝送もサポートする。HDMIはARC対応となる。

HDMI/光デジタル入力の対応音声フォーマットは、PCM、ドルビーデジタル、DTS Digital Surround、MPEG-2 AAC(いずれも5.1chまでサポート)。

進化したMusicCast機能の詳細については、こちらの記事で紹介している。本機も5GHz Wi-Fiに対応。MusicCast対応ワイヤレススピーカーをリアスピーカーとして増設できるMusicCast Surround機能にも対応している。Amazon Alexaによる音声コントロール機能にも対応予定だ。

MusicCast BAR 400の分解イメージ

2.4GHz/5GHzのWi-Fiを内蔵。MusicCast機能により192kHz/24bitまでのWAV・AIFF・FLAC、96kHz/24bitまでのALACなどのネットワーク再生が可能となる。音楽ストリーミングはDeezer HiFi、Spotify、radiko.jp、インターネットラジオの再生が可能だ。AirPlay再生にも対応。SBC/AACコーデック対応のBluetooth受信機も内蔵している。

なお、ワイヤレス・サブウーファーは本機と1対1での接続となる(本機に同梱のサブウーファーはMusicCast対応ではない)。

高さ60mmのスリムなサウンドバーとワイヤレスサブウーファーにより、設置性にも配慮。サウンドバー部の上面にはタッチセンサーをを備え、幼児が触れるなどして誤操作することを防ぐチャイルドロック機能も搭載する。また、本機もAmazon Alexaに対応予定。Amazon Echoなどと組み合わせて音声操作を行えるようになる。

本機付属のリモコン

消費電力はサウンドバーが30W、サブウーファーが19W。外形寸法/質量はサウンドバーが980W×60H×110.5Dmm/2.7kg、サブウーファー181W×417H×405Dmm/9.4kg。

関連記事