Amazon Alexaにも対応

ヤマハ、進化したMusicCast搭載のワイヤレススピーカー「MusicCast50/20」。サウンドバーと組み合わせリアSPにも

編集部:小澤貴信
2018年06月26日
ヤマハは、Alexa対応など進化したMusicCast機能を搭載したワイヤレスストリーミングスピーカー「MusicCast 50」「MusicCast 20」を8月上旬に発売する。

“MusicCast 50”「WX-051」¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
 カラー:木目/ホワイト・ホワイト・ブラックの3種類

MusicCast 50(木目/ホワイト)

“MusicCast 20”「WX-021」¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
 カラー:ブラックのみ

MusicCast 20(ブラック)

MusicCastはヤマハ独自のネットワーク/マルチルーム再生機能。今回同社は、その機能を進化させた“新Music Cast”を搭載した製品をワイヤレススピーカー、サウンドバー、AVアンプなど多数発表したが、MusicCast 50/20もそのひとつとなる。

MusicCast 50はステレオ再生に対応、MusicCast 20はモノラル再生に対応したワイヤレス・アクティブスピーカー。それぞれ従来モデル「WX-030」「WX-010」の後継モデルという位置付けになる。いずれもWi-Fi経由でネットワークに接続して、MusicCast経由で音楽ストリーミングからNASに保存したハイレゾ音源まで、幅広い音楽ソースを再生できる。Bluetooth再生にも対応する。

新MusicCastによりリアスピーカーにも利用可能。基本性能も向上

最初に、新MusicCastの新機能や向上したスペックについて紹介する。

新たに「MusicCast Surround」に対応。MusicCast 50/20を同社の対応AVアンプやサウンドバーと組み合わせ、リアスピーカーとして用いることが可能となる。新MusicCastに対応したワイヤレスサブウーファー「MusicCast SUB100」(後述)を同様にサラウンドシステムに組み込むことも可能だ。

「MusicCast Surround」「MusicCast Stereo」に対応

対応AVアンプやサウンドバーと組み合わせてのサラウンドシステム構築が可能

また、MusicCast 50/20を2台用いてのステレオ再生(MusicCast Stereo)、さらに「MusicCast SUB100」を加えての2.1ch再生にも対応。従来からステレオ再生には対応していたが、ペアリングをMusicCastアプリから行うことが可能になった。

基本性能も向上。従来の2.4GHzに加えて新たに5GHzのWi-Fiをサポートした。また、外部から入力した音声をリンク再生(ネットワーク再生)した際の遅延を最小化。聴感上でも気にならない100msecにまで抑えた。また、BluetoothもVer 4.2へアップグレードした。

再生フォーマットやマルチルーム同時配信数など基本スペックも強化

再生対応スペックについても、新たに384kHz/32bit PCMおよび11.2MHz DSDに対応させた(最終的な再生上限はDACチップに依存するため、モデルにより異なる。MusicCast 50/20は後述のようにPCM 192kHz/24bitまでの対応)。

マルチルーム配信機能も強化。登録可能台数は最大32台、リンク(配信)可能な台数は最大20台(有線の場合、無線の場合は最大10台)となった。なお、2015年以降発売の全てのMusicCast対応製品が、ファームウェア更新で同様の仕様となる。

Echo Dotなどのデバイスを組み合わせてのAmazon Alexaによる音声操作にも対応予定となっている。まずは7月頃までにカスタムコマンドによるAlexaスキルを提供予定。続いて年内にはコモンコマンドによって、スマートホーム・スキルを提供予定という。カスタムコマンドでは「アレクサ、MusicCastでキッチンの電気を点けて」など「MusicCastで」という呼びかけが必要となるが、コモンコマンドでは「アレクサ、キッチンの電気を点けて」という呼びかけでも対応する。なお、このAlexa対応については、2015年以降に発売されたMusicCast対応製品のすべてが対応する。

Amazon Alexaによる音声操作にも対応予定


MusicCast 50

MusicCast 50は単体でのステレオ再生が可能。新開発100mmアルミコーン・ウーファーを2基、30mmホーン・トゥイーターを2基搭載。これをヤマハ製DSPと最大出力は70Wのパワーアンプで駆動する。バスレフポートも備えており、豊かな低音再生を実現すると共に、ホーントゥイーターによるクリアなサウンドも楽しめるとする。なお、ハイレゾ音源を再生できるが、再生帯域としてはハイレゾ非対応となる。

MusicCast 50(ブラック)

MusicCast 50(ホワイト)

カラーバリエーションは木目/ホワイト、ホワイト、ブラックの3種類を用意する。

トップパネルのフレーム部にタッチセンサー式ボタンや入力インジケーターを搭載。お気に入りのソースを割り当てることでワンボタンで再生が行えるプリセットボタンも新たに用意した。

トップパネル部

MusicCast機能により、192kHz/24bitまでのWAV・FLAC・AIFFの再生に対応。音楽ストリーミングサービスは、radiko.jp・Spotify・Deezer HiFi・各種インターネットラジオの再生に対応する。

Spotifyなど音楽ソースをワンボタンで呼び出して再生できるプリセットボタンも用意

入力端子はイーサネット(LAN)、光デジタル、アナログRCA、アナログ・ステレオミニを搭載。外部入力した音声を本機から再生することに加え、他のMusicCast機器へ配信することもできる。

背面端子部。アナログ/デジタル入力も搭載

本機を2台用いてステレオ再生するMusicCast Stereo、MusicCast経由でのワイヤレスサブウーファー追加に対応。本機を2台または1台用いてのMusicCast Surroundにも対応する。上述のようにAmazon Alexaへも今後対応を予定している。

新たにアラーム機能も追加されている。外形寸法は400W×123H×200Dmm、質量は4.5kg。

MusicCast 20

MusicCast 20はモノラル再生を行うコンパクトモデル。カラーはブラック1色をラインナップする。

MusicCast 20

90mmウーファー1基と30mmトゥイーター1基による2ウェイ構成で、これをヤマハ製DSPと最大出力は40W(トゥイーター25W、ウーファー15W)のパワーアンプで駆動する。さらにデュアル・パッシブラジエーターも備え、豊かで広がりのあるサウンドを鳴らすと説明する。こちらもハイレゾ再生はできるが、再生帯域としてはハイレゾ非対応。

本機もトップパネルにタッチセンサー式ボタンや入力インジケーターを搭載。プリセットボタンも備え、ワンタッチでお気に入りのソースを再生できる。

トップパネル部。本機もプリセットボタンを搭載

MusicCastによる対応フォーマットはMusicCast 50と同様で、192kHz/24bitまでのWAV・FLAC・AIFFの再生に対応。音楽ストリーミングサービスもradiko.jp・Spotify・Deezer HiFi・各種インターネットラジオが再生できる。

入力端子はEthernet(LAN)を1系統のみを搭載。アナログ音声入力端子などは非搭載となる。

本機を2台用いてステレオ再生するMusicCast Stereo、MusicCast経由でのワイヤレスサブウーファーの追加、本機を2台用いてのMusicCast Surroundに対応する。本機もAmazon Alexaへの今後の対応を予定している。

本機もアラーム機能を搭載。外形寸法は150W×186H×130Dmm、質量は2.2kg。


MusicCast Surround対応のワイヤレスサブウーファーも登場

同じくヤマハは、上述のMusicCast Surroundに対応したワイヤレスサブウーファー「MusicCast SUB100」(型番:NS-NSW100)も同時に発表。10月中旬から発売する。価格はオープンだが、50,000円前後での実売が想定される。

「MusicCast SUB100」

MusicCast 50/20と組み合わせての2.1chシステムの構築したり、同時発表されたサウンドバー「MusicCast BAR 400」やAVアンプ「RX-N602」にMusicCast経由でワイヤレス接続してサラウンドシステムに組み込めるサブウーファーとなる。

ペアになったマスターデバイスに応じて、クロスオーバーと周波数を自動調整する機能も備えている。ネットワーク接続はイーサネット(有線)、2.4GHz/5GHz Wi-Fiに対応する。

20cm口径のウーファーユニットを搭載、クリアな重低音を生み出すというツイステッドフレアポートも採用する。アンプ出力は130W(100Hz, 5Ω, 10%THD)。

再生周波数帯域は28Hz − 300Hz、外形寸法は252W×383H×418Dmm、質量は12.6kg。

関連記事