IFTTTで連携

ネットワークカメラ「スマカメ」をGoogle Home/Amazon Echoで操作できるβ版サービス

編集部:押野 由宇
2018年06月22日
プラネックスコミュニケーションズは、ネットワークカメラ「スマカメ」シリーズをGoogle HomeやAmazon Echoなどスマートスピーカーから操作できるようになる『プラネックス・イフト・サービス』を、6月22日よりベータ版として提供開始する。

スマカメ「CS-QV60F」

スマカメをスマートスピーカーと連動させることで、スマホ上のアプリ操作をすることなく、声のみで『スマカメ』の設定が変更できるようになる。またこうしたサービスをかんたんに使えるよう、同社があらかじめ設定した「毎日決まった時間に見守りモード開始/終了」「音声で見守りモード開始/終了」といったメニューが提供される。

サービスの活用イメージ

なおプラネックス・イフト・サービスには「IFTTT」(イフト)を利用している。IFTTTはあらかじめアプレットと呼ばれるルールを作成しておくことで、SNSやスマートスピーカー、カメラなどの異なるアプリケーションやデバイス同士を連携させることができるウェブサービスだ。

対応「スマカメ」
・CS-QV60F
・CS-QR30F
・CS-QR100F
・CS-QR300
・CS-QR220
・CS-QR20
・CS-QR22
・CS-QR30
・CS-QR10

関連記事