従業員・サービス体制を全て移管

オンキヨー、ONKYO・PIONEER製品の欧州販売事業を独AQIPA社へ売却

編集部:風間雄介
2018年06月22日
オンキヨー(株)は、同社子会社のPioneer & Onkyo Europe社で行っていた、オンキヨー・パイオニア・Integraブランドの欧州での販売業務事業を、独AQIPA社へ売却することを決議した。譲渡価格はAQIPA側からの要請により、非公開とのこと。事業譲渡日は10月1日を予定している。

Pioneer & Onkyo Europe社では、Onkyo、Pioneer、Integraブランドの欧州地域での販売業務を行っていた。直近の売上高は約160億円。Pioneer & Onkyo Europe社の全従業員、サービス体制をAQIPA社に移管する。

オンキヨーでは、パイオニアと販売会社を統合して効率化を進めていたが、事業環境が変わる中、変化への迅速な対応、コスト競争力の向上を目指し、さらなる効率化が課題となっていたと説明。今回、販売事業をAQIPA社へ移管することで、「AQIPA社の販売システム、物流システムの活用が可能になり、欧州地域における販売コストの大幅な低減と新たな販路拡大が可能になる」ともコメントしている。

関連記事