「VREC-DZ500-C」「VREC-DZ500」

パイオニア、暗闇でも記録可能で「駐車監視機能」も備えるドライブレコーダー2機種

編集部:小野佳希
2018年04月18日
パイオニアは、従来比1/100以下の光量の暗闇でも撮影できる高感度撮影機能や、駐停車中の車を長時間監視する「駐車監視機能」を備えたドライブレコーダー「VREC-DZ500-C」「VREC-DZ500」を6月に発売する。どちらも22,000円前後での実売が予想される。

VREC-DZ500-C/VREC-DZ500

VREC-DZ500-Cはギボシ端子形状のケーブルで接続して車のバッテリーから電源を供給するタイプで、VREC-DZ500はシガーソケットから電源をとるタイプ。VREC-DZ500-Cの方が、後述する「駐車監視機能」においてより長く録画できる「セキュリティモード」にも対応している点が主な違い。

VREC-DZ500-Cの駐車監視機能(セキュリティモード)では、駐停車中の車を24時間365日監視可能。衝撃を検知した時だけ起動して撮影することで、車のバッテリーの負荷を軽減し長時間撮影を行えるようにした。

一方、VREC-DZ500の駐車監視機能では、本体に内蔵した750mAhバッテリーを使い、駐車時の車を最大90分監視。衝撃検知した前後各30秒間の映像を録画することができる。

HD画質の車載用高感度CMOSセンサーを採用し、従来機「ND-DVR40」に比べ100分の1以下の光量でも撮影できる「ナイトサイト」機能を搭載。昼間の走行映像だけでなく、夜間の走行風景や駐車監視中の暗闇でも周囲の映像をはっきりと映し出して撮影することができるとしている。

また、「HDR(ハイダイナミックレンジ)」と「WDR(ワイドダイナミックレンジ)」機能を搭載。両機能を同時に使用することで、従来モデルでは補正しきれなかった明暗差の激しい状況でも、白潰れや黒潰れをしっかり補正し、鮮明に撮影することができるという。

フレームレート27.5fpsに対応し、LED信号機の点滅周期に影響されにくいよう配慮。西日本に代表される電源周波数60Hzのエリアでも安心して使用できるとアピールしている。

無料アプリ「ドライブレコーダーインターフェース」をインストールしたiPhone/Androidスマートフォンと連携できる新インターフェースにも対応。撮影しているリアルタイムな映像や、ドライブレコーダーに録画されている映像を手元のiPhone/スマホで確認したり、ファイルの転送や、ドライブレコーダー本体の設定を行うことができる。

そのほか、カメラの横の角度調整ジョグを回してレンズの方向を変更可能。、運転中は前方の車外を、駐車中は車内の映像を撮影するなどといった使い分けが行える。

関連記事