アプリ追加で機能拡張できる

ブレックス、Android 7.1搭載の10.25型・車載用モニター「Advanced Monitor」

編集部:川田菜月
2018年04月10日
(株)ブレックスは、Android 7.1搭載で機能が拡張できる純正交換タイプのタッチパネル式10.25型マルチメディアモニター「Advanced Monitor」を発売する。今回発売されるモデルはBMW専用で、価格は158,000円(税抜)。今秋以降その他メーカー対応を順次ラインナップする予定。

「Advanced Monitor」

ディスプレイ部は最大10.25型IPS液晶パネル(解像度1,280x480)を採用。純正のナビボタンからの操作のほか、タッチ操作にも対応する。

OSにはAndroid 7.1を搭載。Google Play Storeからアプリを追加することで機能の拡張が可能で、視認性を高めたデザイン表示を採用したとしている。GPSアンテナを付属しており、ナビアプリ起動時は自車位置精度を正確に表示することも可能としている。

Android 7.1搭載で機能拡張も可能

付属のGPSアンテナで位置情報を取得するため、地図アプリでも自車位置を正確に表示することが可能とのこと。普段スマートフォンで使っているナビアプリをインストールすれば、カーナビゲーションとしても利用できる。

USB 2.0を2基(内1基はUSB-OTG)と、Micro SDカードスロットを装備。USBメモリやMicroSDカード内の音楽・動画を楽しむこともできる。なお、Micro SDカードスロットは32GBまで対応、機種により非搭載となる。また最大1TBまでの外付けHDDにも対応する。対応フォーマットはMP3/WMA/OGG/APE/FLAC/TTA/YAK/WAV。動画フォーマットはAVI/H.264/VC-1/MPEG-2/MPEG-4/XVID/DIVX/Real8/9/10/RM/RMVB/FLV/MP4/M4V/VOB/WMV/3GP/MKV 1080pなどをサポート。

Wi-Fi/Bluetoothも内蔵。入力はアナログ映像/DVR 映像/音声/マイクを各1基、出力はリアモニター用アナログ映像を2基備える。

関連記事