安全運転サポート機能を向上

パナソニック、業界初の逆走検知機能を備えたポータブルSSDカーナビ「ゴリラ」3モデル

編集部:押野 由宇
2018年05月09日
パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品となる3機種を、6月中旬より発売する。

「CN-G1200VD」

・「CN-G1200VD」 ¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
・「CN-G720D」¥OPEN(予想実売価格60,000円前後
・「CN-G520D」¥OPEN(予想実売価格40,000円前後

本製品では、ポータブルカーナビとして初となる、高速道路での逆走を検知し、音とアイコンで警告する「逆走検知」機能に加え、高速道路のSA・PA内においては、休憩後の発進時に逆走への注意を喚起する「逆走注意アラーム」といった「安全・安心運転サポート」機能を新搭載した。

最上位機種となるCN-G1200VDは、交通情報サービス「VICS WIDE」を活用した「スイテルート案内」機能を搭載する。これにより、交通状況の変化に合わせて新たなルートを自動で再探索するだけでなく、新旧ルートの距離や所要時間を比較して選択することができる。

「スイテルート案内」の新旧ルート比較

また同じくCN-G1200VDでは、2021年7月末まで道路マップ無料更新に対応。インターネットから更新用データをダウンロードし、SDメモリーカード経由でナビゲーション内の道路データ・音声案内データ・案内画像データ・逆走検知データを更新。新規開通道路もタイムリーにカバーする。

「CN-G1200VD」の設置イメージ

また「ゴリラ」シリーズでは、GPS衛星に加え、ロシアの衛星「グロナス」と日本の準天頂衛星「みちびき」からの信号も現在地測位に活用するとともに、衛星信号が届きにくいところでは、独自開発の「Gジャイロ」で継続測位を可能にしている。

さらに、Gジャイロらの情報を集積演算回路(CPU)で最適化処理した上で衛星信号とあわせてメインCPUで処理を行う「Gロケーション」を搭載することで、高精度な現在地測位を実現。これにより、高架下道路、高速道路と一般道の上下並走、および高架道への一般道からの進入など、特に都市部で複雑化する道路網でもより正確に現在地を測位し、高いナビゲーション精度を実現したとする。

7V型モデルとなるCN-G1200VDとCN-G720Dでは、高級感あるシルバーフレームと両端を絞ったスタイリッシュな薄型ボディを実現。5V型モデルのCN-G520は、小型車のインテリアにもフィットするよう丸みを帯びた優しいデザインを採用した。

「CN-G720D」

「CN-G520D」

各モデル共通で、16GB SSDメモリーを内蔵し、AV一体型カーナビ同等のデータベースを収録。また2018年度版地図データを収録するほか、電話番号約2,700万件や住所約3,850万件、あいまい検索約590万件、ジャンル検索約340万件などの検索用データベースに加え、ガイドブック情報や実際に調査した情報に基づいた交差点拡大図、方面看板、家形までわかる詳細地図(1,295エリア)も充実させた。

ワンセグは地上デジタル放送方式(日本)ワンセグが受信可能で、周波数は470MHz〜710MHz(13ch〜52ch)。内蔵GPSアンテナはモノポールアンテナで、受信方式はパラレル32 チャンネル。外形寸法は7V型が176.5W×113.7H×21.5Dmm、5V型が129W×86H×17.8Dmm。

関連記事