200台の数量限定発売

クラリオン、従来より高い周波数帯域をカバーするハイレゾ対応フルデジタルトゥイーター「Z2H」

編集部:押野 由宇
2018年04月09日
クラリオンは、車載用フルデジタルサウンドシリーズの新製品として、ハイレゾフルデジタルトゥイーター「Z2H」を、6月下旬から200台の数量限定で発売する。価格は57,000円(税抜/2本1組)で、国内外のカーオーディオやホームオーディオ等を販売するイース・コーポレーション専売モデル。

「Z2H」

Z2Hは、フルデジタルサウンドプロセッサー「Z3」に同梱される現行トゥイーターよりも高い再生周波数帯域である2kHz〜50kHzをカバーするハイレゾ対応モデル。従来よりも幅広い音響空間づくりを実現し、同社のフルデジタルサウンドシステムを装着するユーザーへ、さらなる音質向上アイテムとして新たな付加価値を提供するとしている。

振動板サイズは20mmで、素材はハイピュアソフトドーム。ダイアフラム外周部加飾はFDSゴールド。なおZ2Hの取り付けには現行トゥイーターのマウントが必要となる。

関連記事