グレアタイプの「クリアブラックパネル」搭載

東芝、新開発パネル・新エンジン搭載のミドルクラス4K/HDR液晶テレビ「レグザ M510Xシリーズ」

編集部:小野佳希
2017年03月22日
東芝は、新開発のクリアブラックパネルと、上位機の映像エンジンをベースに開発した「レグザエンジンBeauty」を採用した4K HDR対応液晶テレビのスタンダードモデル“REGZA”(レグザ)「M510Xシリーズ」を5月中旬に発売する。

レグザ M510X

58型/50型/40型の3サイズで展開し、40型のみブラックとホワイトの2色を用意。58型の「58M510X」は23万円前後、50型の「50M510X」は18万円前後、40型の「40M510X」「40M510XW」は14万円前後での実売が予想される。

40型はカラーバリエーションとしてホワイトも用意

VAパネルを採用した、同社4K HDR対応テレビのミドルクラスモデルという位置づけ。前モデル「M500X」からエンジンとパネルを変更し、さらなる画質の向上を図った。

テレビチューナーは地デジ/BS/110度CSチューナーを3基搭載。同時発表の「BZ710X」が搭載するスカパー!チューナーは本機では省いている。なお、動画サービスではひかりTV、NETFLIX、アクトビラ、dTV、YouTubeの4Kサービスを利用できるほか、6月下旬のアップデートでDAZN(ダ・ゾーン)への対応も予定している。

グレアタイプの「クリアブラックパネル」を採用。レグザの企画開発に長く携わる東芝映像ソリューション 本村氏は「液晶テレビは光の反射対策でハーフグレアを採用しているものが多いが、ノングレアは極端に言うと摺りガラスにして光を反射させないようにしているようなもの。光が乱反射するので外光反射で黒が浮いて見える」と、一般的なノングレアやハーフグレアパネルではなくグレアパネルを採用した理由を説明する。

一方で、グレアパネルでの外光反射については「人間の脳は反射してきている物体を見ないよう脳内処理をしている。そのため、映像が映ってる場合には反射はそれほど気にならない」と説明。反射というデメリットよりも、黒の表現が締まるというグレアパネルのメリットのほうが大きいとした。

「BZ710X」や先行展開している上位機「Z810X」、有機ELモデル「X910」同様に「美肌リアライザー」も搭載。明るいシーンでの肌色の色飽和を高精度に検出し、顔のハイライト部分の階調をきめ細やかに描き出すことで、肌の質感をよりリアルに表現するという。

上位機同様に「美肌リアライザー」を搭載

地デジ番組で現れる映像ノイズをを低減する「地デジビューティ」も搭載。ブロックノイズやモスキートノイズを低減する「地デジノイズクリア」、平坦部・テクスチャー部ごとに処理を行いクッキリ感のある映像にする「地デジ精細感復元」、彩度に合わせて輝度を調整し細部の質感まで鮮やかに再現するという「カラーテクスチャー復元」といった各種機能で地デジ映像の高画質化を図る。

地デジ放送でのノイズを低減する各機能をまとめて「地デジビューティ」と呼称

音質面では、オンキヨーと共同開発した新スピーカーなどによる「レグザクリアダイレクトオーディオシステム」を採用。同スピーカーを正面に向けて配置しているほか、「レグザサウンドイコライザーアドバンス」「クリア音声」といった各機能でスピーカーの性能を最大限に引き出すという。

新スピーカーなどによる「レグザクリアダイレクトオーディオシステム」を採用

「BZ710X」同様に、新機能「次みるナビ」を搭載。リモコンの「次みるナビ」ボタンから、出演者の関連番組や、好きなジャンルの番組などをすぐチェックできるようにした。

本機のリモコン

同機能では、現在見ている番組の出演者が出演した他の番組を録画データのなかから簡単に見つけたり、お気に入りジャンルやテーマの番組を探すなどといったことが可能。YouTubeの人気動画を探すこともできる。

全録機能「タイムシフトマシン」は非搭載だが、全録機能搭載の同社製レコーダー「レグザサーバー」との連携機能「タイムシフトリンク」を搭載。レコーダー側の機能をテレビ内蔵機能のように使うことができる。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番58M510X
  • 発売日2017年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格23万円前後)
【SPEC】●画面サイズ:58V型 ●液晶パネル方式:VA方式 LEDバックライト[4Kパネル] ●画素数:3840×2160 [4Kパネル] ●画面寸法:1300W×816H×202Dmm(卓上スタンド含む) ●質量:24.9kg(卓上スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番50M510X
  • 発売日2017年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格18万円前後)
【SPEC】●画面サイズ:50V型 ●液晶パネル方式:VA方式 LEDバックライト[4Kパネル] ●画素数:3840×2160 [4Kパネル] ●画面寸法:1125W×710H×178Dmm(卓上スタンド含む) ●質量:18.5kg(卓上スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番40M510X
  • 発売日2017年5月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14万円前後)
【SPEC】●画面サイズ:40V型 ●液晶パネル方式:VA方式 LEDバックライト[4Kパネル] ●画素数:3840×2160 [4Kパネル] ●画面寸法:903W×576H×178Dmm(卓上スタンド含む) ●質量:13.0kg(卓上スタンド含む)

関連記事