BM620Xは“重低音バズーカ”で音質も強化

東芝、新4K衛星放送チューナー内蔵の液晶テレビ“REGZA”「BM620X」「M520X」

編集部:小野佳希
2018年05月08日
東芝映像ソリューション(株)は、12月1日にスタートする新4K衛星放送のチューナーを日本で初めて内蔵する液晶テレビ“REGZA”「BM620Xシリーズ」と「M520Xシリーズ」を6月6日から順次発売する。

■BM620Xシリーズ 6月下旬発売
・55BM620X(55型)¥OPEN(予想実売価格215,000円前後)
・50BM620X(50型)¥OPEN(予想実売価格175,000円前後)
・43BM620X(43型)¥OPEN(予想実売価格145,000円前後)

レグザBM620Xシリーズ

■M520Xシリーズ
・65M520X(65型)¥OPEN(予想実売価格250,000円前後)6月中旬発売
・55M520X(55型)¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)6月中旬発売
・50M520X(50型)¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)6月6日発売
・43M520X(43型)¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)6月6日発売

レグザM520Xシリーズ

同時発表の有機ELモデル「X920シリーズ」とともに、両シリーズとも新4K・8K衛星放送のチューナーを内蔵。BM620Xシリーズは “重低音バズーカ” スピーカーを搭載する音質強化モデルで、M520Xシリーズはそれらを省いたスタンダードモデル。

BM620Xは重低音バズーカを搭載

上記のように新4K衛星放送チューナーを他社に先駆けて内蔵した点が大きな特徴。なお新4K衛星放送で採用されるCAS規格「ACAS」チップの量産がまだ始まっていないため、本機ではUSB端子によるドングルタイプの「BS/CS 4K視聴チップ」を独自に開発して採用。新4K・8K衛星放送のCASに対応させた同チップを10月以降に別送し、そのチップを本体背面の専用端子に装着することで、新4K衛星放送を視聴できるようになる。なおチップなしでも4K試験放送は視聴できる。

BS/CS 4K視聴チップ

背面の専用端子に挿入することで新4K衛星放送が視聴可能に

チップの送付には購入とは別に申し込みが必要で、インターネットもしくは電話/ファックスで受付。インターネットでは、テレビの「みるコレ」機能画面に表示されるQRコード、もしくは同梱パンフレットに記載されているQRコードから専用画面にアクセスして必要な情報を入力することで手続きが完了する。

新4K衛星放送はUSB-HDDへの録画も可能。新4K衛星放送チューナーは1基のみの搭載のため、裏番組録画は行えない。なお通常の地デジ/BS/110度CSチューナーは3基搭載しており、裏番組のW録画が行える。

リモコンには新4K衛星放送のEPGをすぐに呼び出せる「4K」ボタンも装備。押しやすく分かりやすいよう配慮したボタン配置や、ひとつひとつ形状の違うカーソルボタンでブラインド操作を行いやすいようにするなど、人間工学に基づいた設計思想による「新レグザスマートリモコン」を同梱する。

リモコン

「4K」ボタンを装備

映像エンジンには、両シリーズとも “4K放送を高画質に描ききるための新映像エンジン” とする「レグザエンジンEvolution」を搭載。パネルは新開発のVAパネルで、コントラスト表現に優れるという同パネルの能力を「レグザエンジンEvolution」で引き出し、高画質化するという。

「BS/CS 4KビューティX」をはじめとした、様々な高画質化技術も搭載している。同機能は新4K・8K衛星放送など高画質ソースの視聴を想定した機能。ブロックごとに映像の種類を検知し、絵柄に応じた最適な復元処理を実施するとのことで、これによってノイズを抑えながら4K放送本来の美しさを再現するとしている。

「BS/CS 4KビューティX」の解説

地デジ番組のノイズを抑制しながら様々な高画質処理を行うという「地デジビューティX」も装備。「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」「地デジノイズクリア」「カラーテクスチャー復元」「地デジ精細感復元」といった複数の高画質化処理を行う。

地デジ番組を高画質化する「地デジビューティX」も搭載

「HDRリアライザー」も搭載。輝度ヒストグラムをフレームごとに解析し、シーンごとに適切なガンマ補正処理を施す緻密なコントラスト制御によって、立体感あるリアルな映像を再現するとともに、色の表現が難しい明るいシーンでも、ありのままの色彩で描き出すとしている。

「HDRリアライザー」の解説

従来から引き続き「美肌リアライザー」も装備。人物の顔のハイライト部が白飛びしやすい明るい映像でも肌色の色飽和を高精度に検出し、階調を再現するよう配慮している。

そのほか、従来からの「ゴルフ・サッカーモード」の名称を「スポーツモード」に変更。芝生の表現に適したガンマカーブを採用し、芝生をリアルに表現することで、ゴルフやサッカーなどのスポーツ競技を立体感や臨場感ある映像に再現するとしている。

音質面では、BM620Xシリーズが「クリアダイレクトスピーカー」と「重低音バズーカウーファー」による「バズーカオーディオシステム」を搭載。マルチアンプ駆動により豊かな低音再生と、透明感あるクリアな音質を再現するという。

バズーカオーディオシステムで音質を強化

バズーカオーディオシステム

また、音質補正機能「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」も新開発。中高音域を896バンドの分解能で補正を行うレグザサウンドイコライザーと、低音域の補正に適したオーディオオプティマイザーのハイブリッド構成によって、全帯域に渡ってフラットで明瞭な高音質を実現するとしている。


M520Xはレグザパワーオーディオを搭載
M520Xシリーズでは、新開発のバスレフ型フルレンジスピーカーと、上記のレグザサウンドイコライザー・ハイブリッドによる「レグザパワーオーディオ」を採用。剛性を高めた強固なバスレフ型エンクロージャとフレーム一体成型のフルレンジスピーカーによってバランスの良いサウンドを再現するとしている。


ダブルウィンドウ機能が復活
そのほか、両シリーズとも2画面視聴機能「ダブルウィンドウ」が復活。画面を2つに分割し異なるチャンネルを同時視聴できる。分割した画面は3段階で拡大/縮小が可能。また、リモコンの青ボタンで左右画面の入れ替えが行える。

なお同機能は4K放送同士やスカパー!プレミアム放送同士の表示には非対応。録画番組や動画配信サービス視聴中も2画面表示は行えない。

また、Googleアシスタント搭載スマートスピーカーとの連携にも対応。「チャンネルを変えて」「ボリュームを上げて」「番組の始めにジャンプして」などとスマートスピーカーに話しかけて各種テレビ操作を行える。

関連記事